ディア・ブラザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディア・ブラザー
Conviction
監督 トニー・ゴールドウィン
脚本 パメラ・グレイ
製作 アンドリュー・シュガーマン
アンドリュー・カーシュ
トニー・ゴールドウィン
製作総指揮 マーカス・バーメットラー
アンソニー・カリー
アルウィン・カシュナー
マイルズ・ネステル
ジェームス・スミス
ヒラリー・スワンク
出演者 ヒラリー・スワンク
サム・ロックウェル
音楽 ポール・カンテロン
撮影 アドリアーノ・ゴールドマン
編集 ジェイ・キャシディ
配給 アメリカ合衆国の旗 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年10月15日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $9,710,055[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $6,783,129[1]
テンプレートを表示

ディア・ブラザー』(原題: Conviction)は、2010年アメリカ映画殺人罪で服役することになった兄を助けるため、弁護士になった女性ベティ・アン・ウォーターズの半生を描く。日本では劇場公開されずビデオスルーとなった。

ストーリー[編集]

ベティ・アンと兄のケニーは、幼い頃から仲の良い兄妹であった。貧しい家庭で育った二人は、決して恵まれてはいなかったが、幸せな人生を歩んでいた。しかし、そんなある日、ケニーが殺人の容疑で突然逮捕されてしまう。兄の無実を信じ、何かの間違いだと必死に訴えるベティ・アン。だが、無情にも裁判でケニーには終身刑が言い渡されてしまう。この判決に当然納得のいかないベティ・アンだったが、弁護士を雇うための高額な費用を払う余裕はなく、最早どうすることもできないのだった。するとベティ・アンは、兄を救うためある決意をする。それは全てを捨てて、自身が弁護士になるという驚きのものだった。だが、当然それは容易なものではなく、彼女の前には様々な困難が待ち受けていた。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Conviction”. Box Office Mojo. 2012年6月20日閲覧。

外部リンク[編集]