テンジクネズミ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テンジクネズミ科
モルモット
モルモット Cavia porcellus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネズミ目 Rodentia
亜目 : テンジクネズミ亜目 Caviomorpha
: テンジクネズミ科 Caviidae

テンジクネズミ科(-か、Caviidae)は、動物界脊索動物門哺乳綱ネズミ目に属する科。

分布[編集]

南アメリカ大陸

形態[編集]

頭部は大型。尾がない。全身は褐色や灰色の体毛で覆われる。

眼や耳介は大型。門歯は短く、臼歯は前方に生える。四肢は太くて短い(マーラ属は細長い四肢を持つ)。

分類[編集]

テンジクネズミ属 Cavia

マーラ属 Dolichotis

クイ属 Galea

モコ属 Kerodon

  • Kerodon rupestris モコ(イワテンジクネズミ) Mocó

ヤマクイ属 Microcavia

生態[編集]

草原砂漠森林などの様々な環境に生息する。

食性は植物食で、植物の茎、葉、果実などを食べる。

繁殖形態は胎生

人間との関係[編集]

生息地では人間が食用としたこともある。特に南米エクアドルペルーなどでは、クイの丸焼きが郷土料理の一つとなっていた。

モルモットはペットとして飼育される可愛いらしい小動物で、人間の良きパートナーとして実績がある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]