テングカワハギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テングカワハギ
Oxymonacanthus longirostris 1.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: フグ目 Tetraodontiformes
: カワハギ科 Monacanthidae
: テングカワハギ属
Oxymonacanthus
: テングカワハギ O. longirostris
学名
Oxymonacanthus longirostris
(Bloch & Schneider, 1801)
英名
Orange spotted filefish

テングカワハギ(天狗皮剥、学名 Oxymonacanthus longirostris)は、フグ目カワハギ科に分類される魚の一種。

分布[編集]

太平洋の西部、インド洋に分布する[1]

特徴[編集]

体長は10cm。体色は青緑色の地色に、赤色もしくは黄色の円形斑点が一面に並んでおり、派手である。尾びれの後部に黒い斑紋がある。吻が長く突出する。

サンゴ礁に生息し、サンゴのポリプを食べる。

参考文献[編集]

  1. ^ 多紀保彦・河野博・坂本一男・細谷和海 『新訂 原色魚類大圖鑑 圖鑑編』 北隆館2005年12月15日ISBN 4-8326-0820-7p.948