テルル化ジメチル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テルル化ジメチル
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 593-80-6 チェック
PubChem 68977
ChemSpider 62199 ×
EINECS 209-809-5
KEGG C02677
MeSH dimethyltelluride
ChEBI CHEBI:4613 ×
バイルシュタイン 1696849
Gmelin参照 1480
特性
化学式 C2H6Te
モル質量 157.67 g mol−1
精密質量 159.953172945 g mol-1
外観 淡黄色の液体
匂い ニンニク臭
融点

-10 °C, 263 K, 14 °F

沸点

82 °C, 355 K, 180 °F

関連する物質
関連するカルコゲン化物 ジメチルエーテル

ジメチルスルフィド
ジメチルセレニド

関連物質 テルル化水素

テルル化ジフェニル

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

テルル化ジメチル(テルルかジメチル、: Dimethyl telluride)は有機テルル化合物の一種で、化学式(CH3)2Teと表される。DMTeとも略記される。

薄膜製造技術の一つである有機金属気相成長法に用いるテルル化カドミウムテルル化カドミウム水銀の出発原料となる[2][3]

テルル化ジメチルが微生物代謝生成物として発見されたのは1939年であった[4]アオカビ類のペニシリウム・ブレビカウレ(Penicillium brevicaule)、ペニシリウム・クリソゲナム(P. chrysogenum)や、蛍光菌のシュードモナス‐フルオレッセンス(Pseudomonas fluorescens)などはテルル化ジメチルを産出する[5]

テルルおよびその化合物が吸収された場合には体内で生成し、ジメチルスルホキシド同様に、腐敗したニンニクのような臭気を生じる。テルル化ジメチルの毒性は明らかになっていないが、テルル自体には毒性があることが分かっている[6]

出典[編集]

  1. ^ a b dimethyl telluride (CHEBI:4613)”. Chemical Entities of Biological Interest (ChEBI). UK: European Bioinformatics Institute (2006年9月25日). 2011年9月19日閲覧。
  2. ^ Tunnicliffe, J.; Irvine, S. J. C.; Dosser, O. D.; Mullin, J. B. (1984). “A new MOVPE technique for the growth of highly uniform CMT”. Journal of Crystal Growth 68 (1): 245–253. Bibcode 1984JCrGr..68..245T. doi:10.1016/0022-0248(84)90423-8. 
  3. ^ Singh, H. B.; Sudha, N. (1996). “Organotellurium precursors for metal organic chemical vapour deposition (MOCVD) of mercury cadmium telluride (MCT)”. Polyhedron 15 (5–6): 745–763. doi:10.1016/0277-5387(95)00249-X. 
  4. ^ Bird, M. L.; Challenger, F. (1939). “Formation of organometalloidal and similar compounds by microorganisms. VII. Dimethyl telluride”. Journal of the Chemical Society 1939: 163–168. doi:10.1039/JR9390000163. 
  5. ^ Basnayake, R. S. T.; Bius, J. H.; Akpolat, O. M.; Chasteen, T. G. (2001). “Production of dimethyl telluride and elemental tellurium by bacteria amended with tellurite or tellurate”. Applied Organometallic Chemistry 15 (6): 499–510. doi:10.1002/aoc.186. 
  6. ^ Chasteen, T. G.; Bentley, R. (2003). “Biomethylation of Selenium and Tellurium: Microorganisms and Plants”. Chemical Reviews 103 (1): 1–26. doi:10.1021/cr010210. PMID 12517179.