テリー・ドイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テリー・ドイル
Terry Doyle
HAWKS31-John Terry Doyle.jpg
ソフトバンク時代
(2012年7月16日、福岡Yahoo!JAPANドーム)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 マサチューセッツ州コンコード
生年月日 1985年11月2日(28歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
255 lb =約115.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 MLBドラフト37巡目
初出場 NPB / 2012年7月16日
最終出場 NPB / 2012年8月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョン・テリー・ドイルJohn Terry Doyle , 1985年11月2日 - )は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州コンコード出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

2008年MLBドラフトで、シカゴ・ホワイトソックスから37巡目指名を受け入団。この年はルーキーリーグで中継ぎとして投げたが、2年目以降は先発として起用される。

2011年オフにルール5ドラフトミネソタ・ツインズに移籍するも、2012年スプリングトレーニングでメジャー40人枠に残れずホワイトソックスに返還され、AAA級シャーロットでプレー。6月14日福岡ソフトバンクホークスが獲得を表明した[1]。背番号はこのシーズン途中に退団となったブラッド・ペニーが着用していた「31」。7月16日の対オリックス戦に来日初登板で初先発し、5回82球5奪三振1失点と好投、初勝利を飾った。だが次第にコントロールが定まらなくなる試合が続き、結局この年は初登板で上げた1勝のみに終わる。シーズン終了後の10月25日に退団が発表され[2]、11月1日付で自由契約となり[3]、9日にボストン・レッドソックスとマイナー契約を結んだ[4]

プレースタイル・人物[編集]

最速93mph(約150km/h)の速球ツーシーム、フォーシーム)とスライダーカーブチェンジアップを投げ分ける[5]。球速に欠けるため、ツーシーム主体のコントロールと緩急で打者を打ち取る投球を持ち味としているが[5][6]、マイナーでの通算奪三振率8.15と奪三振も多く、また与四球率が2.07、シーズン防御率がワーストで3.07と安定感もある。

大学時代には数学を専攻し、オフには高校の数学教師を務める[6]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 ソフトバンク 3 3 0 0 0 1 1 0 0 .500 60 12.2 14 1 9 0 1 7 1 0 7 5 3.55 1.89
通算:1年 3 3 0 0 0 1 1 0 0 .500 60 12.2 14 1 9 0 1 7 1 0 7 5 3.55 1.89
  • 2012年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 31 (2012年)

記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ テリー・ドイル投手入団のお知らせ”. 福岡ソフトバンクホークス (2012年6月14日). 2012年6月15日閲覧。
  2. ^ 退団のお知らせ”. 福岡ソフトバンクホークス (2012年10月25日). 2012年11月3日閲覧。
  3. ^ 2012年度 自由契約選手”. 日本野球機構オフィシャルサイト (2012年11月1日). 2012年11月3日閲覧。
  4. ^ http://news.soxprospects.com/2012/11/red-sox-agree-to-terms-with-pitcher.html
  5. ^ a b Terry Doyle: Rule 5 Twin”. FanGraphs (2012年2月16日). 2012年6月15日閲覧。
  6. ^ a b Chicago White Sox: Terry Doyle's career starting to add up - Chicago Tribune”. Articles.chicagotribune.com (2011年10月29日). 2012年6月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]