テラマックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DARPAグランドチャレンジ (2004年)英語版におけるテラマックス

テラマックスTerraMax)は、アメリカ合衆国オシュコシュ社英語版が開発した無人自動車の商標である。

MTVRをベースにつくられた無人補給車であり、輸送任務における兵士の損害を減らすためにオシュコシュ社英語版パラマ大学英語版Vislab英語版ロックウェル コリンズ英語版によって開発された。

DARPAグランド・チャレンジにおいて、6輪駆動車が2004年と2005年に、4輪駆動車が2007年に出場し、2005年には完走している。以来、オシュコシュ社はアメリカ国防総省のために技術開発を継続する。[1]テラマックスは現在、アメリカ軍とイギリス軍に供給される。危険度の高い地域で偵察と貨物輸送に用いられ、攻撃や待ち伏せから兵士を開放する。

歴史[編集]

2005 DARPA グランドチャレンジ[編集]

2005年のテラマックスは3台のLIDARレーザー測距ユニット(1台は4平面に対応)を備え、3台の前方監視カメラと2台のGPS誘導装置を備えた。[2] 2005年のDARPAグランド・チャレンジでは小規模な暴風に遭遇した。これにより車両は混乱した。午後5時頃、テラマックスは2番目のトンネルでセンサーの誤較正を起こした。この後、車両は左にそれたが安全に完走した。車両の平均速度は10.27 mph (16.53 km/h)だった。[3] 10時間の制限時間を超過したので完走車の中で唯一$200万ドルの賞金は受け取れなかった。

2012 貨物 UGV[編集]

オシュコシュと国立ロボット技術センター英語版はで2010年から2012年にコンボイ運用に特化した無人陸上車両英語版の技術開発のためにアメリカ海兵隊戦闘研究所英語版の後援を受けた。[4]

IED対策[編集]

2013年、国際無人機システム協会英語版オシュコシュ M-ATV英語版にテラマックスシステムを搭載する予定である事を発表した。M-ATVに搭載されるテラマックスのキットは輸送運用よりも道の確保や爆発物処理を提供する。[5]

テレビ番組[編集]

BBCトップ・ギアシリーズ19においては、アメリカ合衆国ネバダ州をNevada Automotive Test Centerを舞台にジェームズ・メイが運転するレンジローバーと対決した。[6]

出典[編集]

  1. ^ Unmanned Ground Vehicle: Oshkosh Defense”. 2013年1月27日閲覧。
  2. ^ Team TerraMax”. Grand Challenge 2005 Team Technical Papers. DARPA. pp. 9–10 (2007年12月31日). 2007年12月31日閲覧。
  3. ^ “Oshkosh's TerraMax rolls across finish line”. WTN News. (2005年10月10日). http://wtnnews.com/articles/2343/ 
  4. ^ EauClaire, Michelle (2012年4月22日). “Operation Unmanned Machine”. OEM Off-Highway. http://www.oemoffhighway.com/article/10683773/operation-unmanned-machine 
  5. ^ Oshkosh Defense Unmanned Ground Vehicle Technology Offers Safer Means for Conducting Route-Clearance Missions - Oshkosh Defense press release, 12 August 2013
  6. ^ TerraMax featured in Top Gear, from 22:38

外部リンク[編集]