テュフ・ラインランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TÜV Rheinland Holding AG
種類 アクツィエンゲゼルシャフト
本社所在地 ドイツ
ノルトライン=ヴェストファーレン州ケルン行政管区ケルン、Am Grauen Stein、51105
設立 1872年
業種 サービス業
事業内容 技術サービス、市場アクセスに関するサービス、製品保障サービス、検査サービス、テストサービス、製品安全に関する事業
代表者 Dr. M. バイアラインCEO、経営委員会長)
売上高 13億ユーロ(2010年)
従業員数 14,500人(2010年)
外部リンク

TUV.com

http://www.jpn.tuv.com
テンプレートを表示

テュフ・ラインランドドイツ語TÜV Rheinland)とは世界的な技術、安全、証明サービスの供給者である。1872年に設立されドイツケルンに本部がある。61ヶ国の500ヶ所の事務所に14,500人を雇用し、13億ユーロ(うちドイツ国外で40%)の収入がある。グループの方針は人、テクノロジー、環境(これらが会社ロゴの三角形に象徴される)の間での相互作用が生じている難題に対処するために安全と品質に関する継続した開発を行うことである。

キービジネス領域[編集]

テュフ・ラインランドは2500以上のサービスを42の世界的なビジネスフィールドに投入している。これらは以下の6つのビジネスストリームに投入される。

  • 工業サービス(TÜV Rheinland Industrie Service)
  • モバイリティ(TÜV Rheinland Mobilität)
  • 製品(TÜV Rheinland Produkte)
  • ライフケア(TÜV Rheinland Leben und Gesundheit)
  • トレーニングとコンサルティング(TÜV Rheinland Bildung und Consulting)
  • システム(Systeme)

テストの領域は消費財の他に自動車、産業設備、およびプラントを含む。例えば、消費財をテュフ・ラインランドによってドイツのGSマークのルールに従ってテスト・保障をさせることができる。テュフ・ラインランドは太陽光発電のアセスメントや保障のみならず、おもちゃや家具のテストの領域でも世界的なリーダーである。他に(ISO 9000による)管理システムの保障や、(製品の輸入と輸出を効率化する)市場アクセスに関するサービスを行っている。

日本では技術基準適合認定2002年8月より) [1] および技術基準適合証明2003年10月より) [2] を実施していることでも知られる。 技術基準適合認定番号(設計認証番号を含む。)および技術基準適合証明番号(工事設計認証番号を含む。)で認証機関を表す記号はともに005 [3] [4] である。

歴史[編集]

テュフ・ラインランドグループの歴史は地域的なテスト組織から国際的な技術サービスの供給者への成長の歴史である。今日、グループは62か国でそして42のビジネス分野で活動している。その歴史は1872年、起業家のグループがDampfkessel-Überwachungs-Vereine(蒸気ボイラー調査団)を設立したときにさかのぼることができる。DÜVの目的は、その時代に内在していた問題である蒸気ボイラーの技術の安全を保障することであった。

  • 1872年 バルメンエルバーフェルトで生産設備の安全を保障することを目的としてDampfkessel-Uberwachungs-Vereineが設立された。当局はすぐに必須の検査を実行することを認めた。
  • 1877年 80人以上の蒸気ボイラーが参加し、Rheinischer Dampfkessel-Überwachungsverein(DÜV) Cöln-Düsseldorfを作った。
  • 1900年 自動車の検査を始めて行い、運転免許のテストを行った。
  • 1918年 採掘とエネルギーのセクタでの安全性検査に業務を拡大した。
  • 1936年 DÜVはTÜV - Technische Überwachungsvereine(技術検査組織)となり、Rheinischer DÜVはテュフ・ケルンとなった。
  • 1962年 テュフ・ケルンがテュフ・ラインランドに改名された。このとき6ヶ所のオフィスに600人の従業員がいた。
  • 1967年 ドイツ国内の最初の子会社の設立。
  • 1970年 ドイツ国外の最初の子会社の設立。
  • 1992年 企業グループの活動を監督するために、持ち株会社テュフ・ラインランド・ホールディングが設立された。
  • 1997年 テュフ・ベルリン-ブランデンブルクとテュフ・ラインランドが合併し、テュフ・ラインランド・ベルリン-ブランデンブルクになった。
  • 2003年 テュフ・ラインランド・ベルリン-ブランデンブルクとテュフ・プファルツが合併しテュフ・ラインランド・ベルリン・ブランデンブルク・プファルツとなり、後にテュフ・ラインランドグループとなった。
  • 2004年 企業グループのリストラクチャリングを行い、テュフ・ラインランド・ホールディングの下に集中させた。
  • 2005年 主要な2つのテスト機関をハンガリーに持つLGAを統合。
  • 2006年 国連グローバル・コンパクトに加入。ブラジルの2つの主要なテスト機関を統合し、テュフ・ラインランド・ド・ブラジルとする。
  • 2007年 オーストラリアに子会社が設立され、すべての大陸にテュフ・ラインランドグループの自身または子会社のオフィスが存在することとなった。

近年取得した会社[編集]

クライアント(抜粋)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 技術基準適合認定等の公示 総務省の情報通信政策に関するポータルサイト
  2. ^ 技術基準適合証明等の公示 総務省電波利用ホームページ
  3. ^ 平成16年総務省告示第94号 端末機器に表示する文字 (PDF) 第3項(電波産業会 - 情報提供業務)
  4. ^ 平成15年総務省告示第460号 特定無線設備に付する文字等 (PDF) 第1項(同上)