テメレア戦記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テメレア戦記
ジャンル ファンタジー歴史改変SF
小説
著者 ナオミ・ノヴィク
イラスト Dominic Harman
出版社 アメリカ合衆国の旗 デル・レイ・ブックス
日本の旗 ヴィレッジブックス
刊行期間 2006年3月28日 -
巻数 アメリカ合衆国の旗 8巻
日本の旗 5巻
テンプレート - ノート
ポータル 文学

テメレア戦記』(テメレアせんき、原題:Temeraire)は、2006年3月から刊行されている、ナオミ・ノヴィクによるアメリカ合衆国歴史ファンタジー小説シリーズ。2007年12月からは那波かおりの翻訳による日本語版も刊行されている。

概要[編集]

ナポレオン戦争時代のイギリスが舞台。実在する国家や人物を交えながら、古代からドラゴンが存在し、人間と深い関わりを持っているというパラレルワールドが描かれており、ファンタジー小説および歴史改変SFとしての側面を併せ持つ。世界観についての詳細は下記参照。

本シリーズのスタートは、もともとゲームクリエイターとして働いていた著者が、もっと自由に創作できるようにと小説を書き始め、それを出版社に送ったことがきっかけとなっている。2003年の春ごろから小説を書き始め、シリーズ第1巻『気高き王家の翼』(原題:His Majesty's Dragon)をエージェントを通して出版社に送る。その後出版社からの要請で、第2巻『翡翠の玉座』(原題:Throne of Jade)、第3巻『黒雲の彼方へ』(原題:Black Powder War)のシノプシスを書き上げ、それが2005年の暮れに編集者に渡り、刊行が決定した。

第1巻は2006年3月にアメリカデル・レイ・ブックスより刊行された。その後シリーズは第3巻まで3ヶ月間連続で刊行された。

シリーズはローカス賞第一長編部門を受賞した。また第1巻『気高き王家の翼』はコンプトン・クルック賞を受賞し、新人の作品であるにもかかわらずヒューゴー賞にもノミネートされた。またナオミ・ノヴィクはジョン・W・キャンベル新人賞を受賞した。

本シリーズは全9巻の構想であることが表明されており、2015年以降に刊行される第9巻(原題:League of Dragons)にて、第1巻から続くナポレオン戦争を題材とした物語が完結する予定である。[1]また、シリーズ完結後も、テメレア戦記の世界観を継承した、異なる時代や地域の物語が展開される可能性があることを著者が明らかにしている。[2]

2014年1月現在、英語版が第8巻まで、日本語版が第5巻まで刊行されている。2006年ピーター・ジャクソンが本シリーズの映画化権を獲得している。

あらすじ[編集]

時代は19世紀初頭、ナポレオン戦争の渦中。イギリス戦艦リライアント号が、一隻のフランス艦を拿捕した。リライアント号の艦長、キャプテン・ローレンスは、戦利品の中に竜の卵を発見する。人間と絆を結んだドラゴンは国家にとって代えがたい戦力となる。同時に、ドラゴンの担い手となった者は、人並みの生活を放棄してドラゴンと生活を共にしなくてはならない。孵化が近いことを船医から聞かされた彼は、自分を含めた乗組員の中からドラゴンの担い手となる人物をくじ引きで選び出すことを決意する。そして、一人の若い海尉が選ばれた。前途ある若者の人生の激変に同情を隠しえないローレンス。だが、孵化した竜の子が担い手として選んだのは、他でもないローレンスだった……。

世界観とドラゴン[編集]

本書の世界観は史実がベースとなっている。筆頭として、主人公テメレアの名前が19世紀当時に実在したイギリスの戦艦テメレア号に由来するほか、登場する地名及び人名などに実在のものが多数使用されている。そのため、ファンタジー小説であると同時に、歴史小説にもカテゴライズされる。時系列、舞台設定共に現実の世界を元に構成されている本書であるが、これにファンタジーとしての側面を与えているのがドラゴンの存在である。

本書のドラゴンは動物の一つとして描かれており、世界中に分布している。多くの種は、鱗の表皮に包まれた四肢と尾に加えて翼を持つ、典型的な西洋のドラゴンの容姿をしている。総じて知性が高く、人間と共存するドラゴンは人語を解する。これに関しては種族差があり、人間よりもはるかに賢いものから、簡単な会話を理解できる程度のものまで、千差万別である。ドラゴンは卵の中にいるときに言葉を覚えるとされており、孵化してすぐに言葉を話す。また、人間と接することのない野生のドラゴンであっても、ドラゴン特有の言語を用いて同種族との意思疎通を行うとされている。作中ではドゥルザグ語と呼ばれるドラゴン独自の架空の言語が登場する。種族による差異が最も大きいのは体格で、小型種は成獣でも馬2頭分ほどの大きさであるが、大型種は全長数十メートルにも達する。また、大型種ほど長寿の傾向が強い。いずれも雌雄の区分を持ち、卵を産んで繁殖する。

ドラゴンの飛行能力と身体能力から生じる軍事利用性は古くから認められており、その利用や品種改良が各国で盛んに行われている。現実世界においては、舞台となる19世紀初頭には空軍という概念自体が存在していないが、作中ではドラゴンを用いた飛行部隊が古代から戦争に投入されている。

登場人物[編集]

人間[編集]

イギリス[編集]

  • ウィリアム・ローレンス(William Laurence)
テメレアを担う主人公。男性。1774年生まれで、第1巻開始時点では30~31歳である。アレンデール卿の末子であり、二人の兄がいる。職業選択の自由を与えようとしない父親に背いて12歳から海軍に入隊し、運に恵まれて昇進を重ね、若くしてリライアント号の艦長の地位に上り詰めた。生真面目で義理堅く、紳士に相応しい言動を常に心がけており、それによって同僚から堅物扱いされることも多い。奴隷制度反対派のアレンデール卿を父に持つため、父同様に奴隷制度を快く思っていない。
1805年にリライアント号の艦上で孵化したテメレアと出会い、以後、空軍へと転属する。当初はテメレアの担い手になったことを嘆いていたが、テメレアと心を通わせるうち、次第に分かち難い絆で結ばれていく。
空軍転属後、軍規や決まりごとよりも適切な現場判断を重んじる空軍の自由な気風に戸惑っていたが、その合理的な考え方に感化され、空軍の同僚たちとの間に深い信頼関係が生まれた。ジェーン・ローランドとは恋人関係にある。
ドーヴァーの戦いの後、中国からテメレアの返還要請を受け、外交使節と共に中国を訪れる。皇帝の一族のみが担うことを許されたセレスチャル種であるテメレアの担い手として相応しい身分を得るため、形式上、皇帝の養子となることを受け入れた。また、中国ではドラゴンが人間と同等に扱われていることを知り、テメレアは中国で暮らしたほうが幸せなのではないか、またイギリスでのドラゴンの待遇改善を目指し始めたテメレアにどのように接すれば良いか、葛藤を抱えるようになる。
1807年、イギリス海軍省が立案した、疫病を使った無差別なドラゴン殺戮作戦に背き、テメレアと共に敵国フランスに治療薬を届けた。しかし、帰国後に反逆罪で囚われ、死刑宣告と共に空軍を追放されてしまう。
  • ジョン・グランビー(John Granby)
テメレア搭乗クルーの副キャプテン。1780年生まれ。商人の家系の生まれであり、高貴な身分の出ではないが、幼少期から少年兵として空軍で叩き上げられた能力は高い。海軍出身のローレンスを敵対視していたが、やがて誤解であったことを悟り、ローレンス腹心の部下となる。
中国行きの旅ではローレンスに同行し、帰国の途で火噴きドラゴン、カジリク種の卵の孵化に立会い、自らイスキエルカと名乗るそのドラゴンの担い手となった。
裁縫は苦手だがアイロン掛けは得意。
  • トム・ライリー(Tom Riley)
海軍時代のローレンスの部下であり、親友。彼が海軍を去った後、リライアント号のキャプテンを引き継いだ。トラファルガーの海戦の後、リライアント号が強風で破損してしまい、ローレンスの采配でドラゴン輸送艦アリージャンス号の艦長に就任する。
父親が奴隷制度賛成派であり、ライリー自身も父を尊敬しているため、ローレンスとはこの点で意見が合わず、激しく衝突している。
1807年にはケープタウン行きの洋上でキャサリン・ハーコートと恋人関係に発展し、間に子どもを儲けた。
  • ジェーン・ローランド(Jane Roland)
女性のキャプテン。竜はエクシディウム。テメレアの搭乗クルーであるエミリー・ローランドの母にあたる。エクシディウムは戦略上の価値が高い毒吐き能力を持つロングウィング種であり、担い手であるジェーンの地位も高い。
指揮、統制能力に優れ、現場からの信頼も厚い。しかし、女性士官の存在が空軍以外で認められておらず、不相応な立場に置かれている。
端正な顔立ちだが、左目から頬にかけて大きな刀傷がある。ローレンスとは恋人関係にある。
  • エミリー・ローランド(Emily Roland)
テメレアのチームに所属する少女。見習い生。ジェーン・ローランドの娘。ジェーンの跡を継いでエクシディウムのキャプテンとなるべく経験を重ねている。少女でありながら他の少年兵と同じように軍務に就いているため、事情を知らない一般の人々に様々な誤解を抱かせてしまうことがあり、ローレンスを悩ませている。
  • マシュー・バークリー(Matthew Berkley)
空軍のキャプテンにして、ローレンスの訓練同期生。1764年生まれで、竜はマクシムス。マクシムスの孵化が遅れたため、新人キャプテンとしては年齢が高い。恰幅がよく、快活でざっくばらんな男。なお、ファーストネームは作中で明らかにされていないが、マシュー(Matthew)であることが著者によって語られている。[3]
  • キャサリン・ハーコート(Catherine Harcourt)
女性のキャプテン。1785年生まれで、竜はリリー。リリーの孵化が予定よりも数年早かったため、若くしてキャプテンとなった。少年のような顔立ちで、体つきもほっそりとしており、軍服を身に着けてしまえば女性であることを悟られないほどである。
1807年のケープタウン行きの洋上でトム・ライリーと恋人関係に発展し、子どもを身篭った。同年には彼と正式に結婚している。
  • サルカイ(Tharkay)
ローレンスとテメレアの一行がマカオで雇ったオスマン帝国への道案内。紳士階級のイギリス人男性とネパール人女性の間に生まれた。父親の徹底した教育により上流階級の人間に相応しい振る舞いを身に着けたが、その血筋によって英国紳士として認められることはなく、やがて孤独を選んで生きるようになった過去を持つ。
洗練された物腰を備える一方、戦闘とサバイバル術にも長けており、ローレンスの危機を幾度となく救っている。また、ドラゴン独自の言語、ドゥルザグ語を操ることができる数少ない人物でもある。
鷹を好んで飼育している。
  • ゴン・スー(Gong Su)
ローレンスが中国から連れ帰った料理人。ドラゴン向けの料理に長けており、生肉以外の食材をドラゴンが食べられるように調理できるため、戦場での食糧問題において重要な役割を果たしている。また、中国風の味付けを好むテメレアにとっては欠かせない存在。
  • ホリン(Hollin)
テメレアの地上クルーの長を務めていた心優しい青年。ローレンスに素質を見出され、ウィンチェスター種の卵をあてがわれた。やがて孵化したドラゴン、エルシーの担い手となる。
  • ヘンリー・フェリス(Henry Ferris)
グランビーがイスキエルカの担い手となった後、テメレアの副キャプテンの座を引き継いだ士官。1788年生まれ。紳士階級の出身であり、代々三男を空軍に送り出す伝統を持つ家に生まれた。7歳で空軍に入隊している。
  • アレン(Allen)
テメレア搭乗クルーの少年兵。1793年生まれで、チームの中でもひときわ若い。エミリー・ローランドと行動を共にすることが多い。
  • アレンデール卿(Lord Allendale)
ローレンスの父。ノッティンガムシアに広大な土地と、ウラトンホールと呼ばれる屋敷を構える貴族。厳格な父であり、家出して海軍に入隊したローレンスを快く思っていない。人権活動家として奴隷制度の廃止に心血を注いでいる。ウィリアム・ウィルバーフォースと親交が深い。
  • レディ・アレンデール(Lady Allendale)
ローレンスの母。自らを省みないローレンスを心から心配しており、様々な方法でローレンスの援助に回っている。
  • ジェームズ(James)
逓信使。竜はヴォラティルス。
  • サットン(Sutton)
リリーの編隊を構成するキャプテンの一人。竜はメッソリア。キャプテンの中では年長者であり、戦闘経験も多い。隊の経験不足を補う役割を担う。
  • リトル(Little)
空軍キャプテン。竜はイモルタリス。彼もまたリリーの編隊を構成するキャプテンの一人である。
  • ウォーレン(Warren)
空軍キャプテン。リリーの編隊では右翼末端に位置するドラゴン、ニチドゥスを担う。神経質なニチドゥスを気遣い、常に行動を共にしている。
  • チェネリー(Chenery)
空軍キャプテン。リリーの編隊の左翼末端に位置するドラゴン、ドゥルシアの担い手。
  • エドワード・ハウ卿(Edward Howe)
ドラゴン専門家。テメレアの種を特定した人物でもある。
  • ジェレミー・ランキン(Jeremy Rankin)
名門出身のキャプテン。竜はレヴィタス。社交を重んじる反面、ドラゴンに対する愛情は希薄な男。
  • レントン(Lenton)
イギリス海峡師団司令長官。竜はオヴェルサリア。
  • アーサー・ハモンド(Arthur Hammond)
中国との交渉のために送り込まれてきた政府の役人。20歳ほどに見える若者だが、国家の重責を担う。
  • ネルソン提督(Sir Horatio Nelson)
国民的英雄のイギリス海軍提督。史実のホレーショ・ネルソンと同一人物。ローレンスが最も尊敬する軍人の一人であるが、目的のためには手段を選ばない節があり、女性関係の不祥事も多い。なお、史実では1805年のトラファルガー海戦で戦死しているが、本シリーズでは大火傷を負ったものの生存した設定になっており、1806年にローレンスと面会を果たしている。
  • ディメーン(Demane)
ローレンスが南アフリカで出会ったコーサ族の少年。ケープタウンの襲撃に巻き込まれ、脱出時にイギリス行きを余儀なくされた。少しずつ英語を覚え、空軍で士官見習いとして働き始める。
  • サイフォ(Sipho)
ディメーンの弟。兄と共にイギリス空軍で働いている。頭が良く、英語と共にドゥルザグ語も操れるため、空軍から重宝されている。

フランス[編集]

  • ナポレオン(Napoléon Bonaparte)
フランス皇帝。史実のナポレオン・ボナパルトと同一人物。急進的かつ革新的な戦略によって戦果を上げ続けている。リエンの担い手となってからは、中国式のドラゴン活用術を自国の空軍に取り入れ、陸海に及ぶ多角的な戦術を展開し、形骸化した戦法に頼った諸外国の軍隊を圧倒している。

中国[編集]

  • ヨンシン皇子(Yongxing、永瑆)
乾隆帝の第十一皇子であり、嘉慶帝の兄。実在の人物。テメレアを本国へ連れ帰ろうと、使節をつれてはるばる中国からイギリスへとやってきた。
白い体色が喪を表すために宮廷から追放される運命にあったアルビノのセレスチャル種、リエンの守り人であり、それによって皇位継承権を失っている。リエンの地位向上を画策し、皇太子とローレンスを暗殺する計画を企てていたが、計画に気付いたテメレアと、それを阻止しようとするリエンの戦いに巻き込まれて死亡してしまう。
  • スン・カイ(Sun Kai)
ヨンシン皇子と共にやってきた代表使節の一人。額を剃りあげた長身の若者。
  • リウ・バオ(Liu Bao)
ヨンシン皇子と共にやってきた代表使節の一人。顎鬚をたらした恰幅の良い男。

ドラゴン[編集]

イギリス[編集]

  • テメレア(Temeraire)
中国産の希少種である大型のドラゴン。1805年1月生まれ。性別は雄。
もともとは中国からフランスへと卵の状態で贈られたものであったが、イギリス艦に拿捕され、その船上で孵化を迎えた。当初はインペリアル種と断定されていたが、第1巻の最後で、中国産の最高品種であるセレスチャル(天の使い)種だということが判明する。中国名はロン・ティエン・シエン(Lung Tien Xiang、龍天翔)。
セレスチャル種は驚異的な知能を有するほか、胸部で圧縮した空気を咆哮と共にエネルギーとして解き放つことが可能であり、この能力は「神の風」と呼ばれている。「神の風」は一撃でフリゲート艦を沈没させるほどの威力を持つ。また、空中で静止するホバリングも他種のドラゴンには行えない飛行法である。
孵化の前に中国語、フランス語、英語に触れる環境にあったため、例外的に三ヶ国語に堪能。通常、ドラゴンの言語習得能力は生後間もなく失われてしまうが、セレスチャル種が持つ高度な知性により、後天的にオスマン語ドイツ語、ドゥルザグ語を習得している。
中国への旅のさなか、寄港したケープ・コーストで奴隷たちを目の当たりにして強い衝撃を受ける。その後、中国ではドラゴンが人間と同等に扱われている状況を知り、イギリスでのドラゴンの扱いは奴隷にも等しいのではないかと考え、イギリスでドラゴンの権利を確立するために帰国する。
1807年、ローレンスと共に海軍省の命令に背き、空軍から追放されてしまう。
  • イスキエルカ(Iskierka)
火噴きのカジリク種の雌ドラゴン。担い手はグランビー。
ローレンス達がイギリスからの手紙でオスマン帝国から譲り受けるよう命令された際、受け取ることになっていた卵から生まれた。実際にはリエンの策略によって卵の受け渡しはなされなかったが、オスマン帝国から脱出する際に強奪した。しかしイギリス本国へ帰還する前に孵化が始まってしまい、急遽グランビーが担い手を務めることになった。なおイスキエルカという名前はグランビーではなく孵化の際に自分で名づけたもの。由来はポーランドの子守唄から。
  • マクシムス(Maximus)
テメレアと仲の良いドラゴン。担い手はバークリー。イギリス最大の大型種、リーガル・コッパー種の雄。ヨーロッパ全土でも有数の巨躯を誇り、全長は120フィート(約37m)にもなる。リーガル・コッパー種は極度の遠視であり、近くのものを見る際には尻座りになって頭を後ろに引かなければならない。1806年の竜疫で瀕死の重症に追い込まれたが、治療薬によって回復した。
  • リリー(Lily)
強酸を吐く能力を持つ大型種、ロングウィング種の雌。担い手はハーコート。ロングウィング種が吐く腐食性の酸の威力は桁外れに強力であり、金属や布はおろか、石さえも容易に溶かしてしまう。その強力な空対地攻撃能力のため、ロングウィング種は編隊のリーダーを任される場合が多く、リリーも同様である。
かつてロングウィング種を手懐けることは極めて難しいとされていたが、エリザベス1世がロングウィング種に女性をつけるという奇策を発案し、見事それが成功した。以降は同種の担い手を女性とすることがイギリス空軍の方針となり、一定数の女性士官が軍務に就いている。
  • ヴォラティルス(Volatilus)
小型種。パートナーはジェームズ。飛行能力に特化した品種改良種だが、その過程で知性が犠牲となっている。愛称はヴォリー。テメレアを「テメレー」と呼んでいる。
  • アルカディ(Arkady)
ローレンスとテメレアの一行がオスマン帝国への旅路の途中で遭遇した野生ドラゴンの群れのリーダー。ドラゴン独自の言語、ドゥルザグ語以外の言語を話すことができず、意思疎通にはサルカイらの通訳を必要とする。テメレアの話を聞くうちに人間社会に興味を持ち、自分もまた財産を持ちたいと考え、テメレアと行動を共にする。一度は逃亡したが、サルカイの説得によってイギリス空軍所属となった。
  • ガーニ(Gherni)
アルカディの群れに所属するドラゴン。わずかながらオスマン語を話すことができる。アルカディと共にイギリス空軍に所属している。
  • モルナル(Molnar)
アルカディの群れに所属するドラゴン。アルカディ、ガーニと共にイギリス空軍に加わった。
  • メッソリア(Messoria)
中型種、イエロー・リーパー種の雌ドラゴン。担い手はサットン。リリーの編隊の右翼に属し、リリーを援護する役目を担う。若いドラゴンが多数を占めるリリーの編隊においては珍しく30歳を超えており、サットン同様に戦闘経験が豊富。
  • イモルタリス(Immortalis)
メッソリアと同じく、イエロー・リーパー種の雄ドラゴン。担い手はリトル。
  • ドゥルシア(Dulcia)
小型種、グレー・コッパー種の雌ドラゴン。担い手はチェネリー。
  • ニチドゥス(Nitidus)
小型種、パスカル・ブルー種の雄ドラゴン。担い手はウォーレン。パスカル・ブルー種は神経質な種で、環境の変化に敏感である。
  • レヴィタス(Levitas)
小型種、ウィンチェスター種のドラゴン。担い手のランキンから過酷な扱いを受けている。偵察に行った際、敵の攻撃を受け、他界してしまった。
  • エルシー(Elsie)
レヴィタスと同じく、ウィンチェスター種のドラゴン。担い手はホリン。ホリンの手厚い世話によって健康状態が良く、他のウィンチェスターよりも体格が大きい。鳥がさえずるような高い声で話す。
  • ケレリタス(Celeritas)
ロック・ラガン基地のトレーニングマスターを務める中型のドラゴン。自称200歳。二代に渡った担い手はどちらも他界している。
  • エクシディウム(Excidium)
ロングウィング種の雄。担い手はジェーン。この種の特性として、女性の担い手を選んでいる。
  • オヴェルサリア(Obversaria)
中型種、アングルウィングの雌。担い手はレントン空将。

フランス[編集]

  • リエン(Lien)
セレスチャル種の雌。純白の体であり、中国では白は縁起の悪い色とされるため国外へ送り出されそうになったところを、ヨンシン皇子が引き受けた。科挙で一位をとるほどの優秀な頭脳を持つ。
ヨンシン皇子の死後、その原因となったテメレアと中国に恨みを募らせ、復讐のためにフランスへ赴いてナポレオンを新たな担い手とした。
正式名はロン・ティエン・リエン(Lung Tien Lien、龍天蓮)

中国[編集]

  • ロン・ティエン・チエン(Lung Tien Qian)
セレスチャル種の雌。テメレアの母。
  • ロン・ティエン・チュワン(Lung Tien Chuan)
セレスチャル種の雄。テメレアの双子の兄であり、ローレンスも違いをうまく言葉に出来ないほどに似通った容姿を持つ。
  • ロン・チン・メイ(Lung Qin Mei)
インペリアル種の雌。深いブルーの体色。里帰りしたテメレアに学問の手ほどきをする。テメレアの初恋相手。

オスマン帝国[編集]

  • ベザイド(Bezaid)
火を噴くカジリク種の雄。オスマン帝国スルタンに仕える。
  • シェヘラザード(Sherazde)
カジリク種の雌。ベザイドと同じくスルタンに仕えるドラゴン。

シリーズ一覧[編集]

英語の原作はデル・レイ・ブックスより、那波かおりによる日本語版はヴィレッジブックスより刊行。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ New Release Interview: Blood of Tyrants by Naomi Novik”. Random House LLC. (2013年8月13日). 2014年1月19日閲覧。
  2. ^ Temeraire.org FAQ”. 2014年1月19日閲覧。
  3. ^ Temeraire.org Wiki Berkley”. 2014年1月19日閲覧。

外部リンク[編集]