テムプルの愛国者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テムプルの愛国者
The Littlest Rebel
監督 デイヴィッド・バトラー
脚本 エドウィン・バーク
ハリー・チュージェンド
製作 B・G・デシルヴァ
出演者 シャーリー・テンプル
音楽 シリル・J・モックリッジ
撮影 ジョン・サイツ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1935年11月22日
日本の旗 1936年4月
上映時間 74分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

テムプルの愛国者』(テンプルのあいこくしゃ、The Littlest Rebel)は1935年制作のアメリカ合衆国の映画デイヴィッド・バトラー監督のドラマ。シャーリー・テンプル主演作。

ストーリー[編集]

南北戦争前後のアメリカの南部。大農園のお嬢様だったヴァージー。父は南軍の将校として出征。そこに北軍がやってきて農園を占領してしまう。ヴァージーの母が病気で危篤になる。

キャスト[編集]

  • ヴァージニア・ヒューストン(愛称ヴァージー): シャーリー・テンプル
  • ハーバート・ケイリー大尉: ジョン・ボールズ
  • モリソン大佐: ジャック・ホルト
  • ケイリー夫人:カレン・モーリー
  • アンクル・ビリー:ビル・ロビンソン
  • リンカーン大統領:フランク・マクグリン・シニア

余話[編集]

シャーリー・テンプルの代表作の一つ。シャーリー・テンプルと、当時世界最高のタップ・ダンサーといわれたビル・ボージャングル・ロビンソンの共演作。リンカーン大統領に会いに行く旅費をつくるための、2人のダンスは有名。(日本版の『農園の寵児』のDVDのカバーには、「映画『ザッツ・エンターテイメント』にも収録されたテンプルちゃんの見事な歌と踊り」と書いてあるが、これは完全な誤りである。『ザッツ・エンターテイメント』シリーズに収録されているのは、MGMのミュージカルだけであり、20世紀フォックスの映画が収録されることはありえない。『テンプルの愛国者』DVDのカバーに、「映画『ザッツ・ダンシング』にも収録されたテンプルちゃんの見事な歌と踊り」と書くのが正解である。)

外部リンク[編集]