テムノドントサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テムノドントサウルス
Temnodontosaurus platyodon
テムテントサウルス
テムノドントサウルス
地質時代
ジュラ紀
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
: 魚竜目 Ichthyosauria
: テムノドントサウルス科 Temnodontosauridae
: テムノドントサウルス Temnodontosaurus
学名
Temnodontosaurus
Lydekker , 1889
  • T. platyodon 模式種
  • T. eurycephalus
  • T. nuertingensis
  • T. trigonodon
  • T. acutirostris

テムノドントサウルスTemnodontosaurus)はジュラ紀前期に生息していた魚竜の一種。化石イギリスドイツなど、ヨーロッパの各地で見つかっている。学名の意味は「切歯を持つ爬虫類」。

大型の魚竜で全長は7〜9mに達する。発達した鰭状の四肢、大きな半月型の尾、細長い嘴状のが特徴的。 また、ある標本に残された歯は断面がレモン型で側面に鋸歯状の微細な突起が並ぶという特異な形態をしていたことが判っている。こうした歯の特徴は大型肉食恐竜のそれを髣髴とさせるものであり、そのためにテムノドントサウルスが現生のシャチのように他の海生脊椎動物を襲って捕食する強肉食性の動物だったと推測する研究者もいる。