テペ・ガウラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

テペ・ガウラ(Tepe Gawra)はイラク北西部にあるメソポタミア文明の考古遺跡。古代都市ニネヴェの近くにあり、最も近い大都市モースルからは北東へ15マイル(約24km)。紀元前5000年頃(新石器時代)から紀元前1500年頃(古アッシリア時代)まで住居があったとみられる。また付柱(ピラスター)とくぼんだアーキボルトで装飾された神殿跡が発見されており、こうした装飾のある神殿としては最古の例である。北メソポタミアの時代区分でハラフ期の後に来るガウラ期(Gawra Period、紀元前3500年 - 紀元前2900年)は、この遺跡から名付けられた。

テペ・ガウラとはクルド語で「大きな丘」を意味する。この遺丘1927年にポーランド生まれの考古学者・アッシリア学者イーフレイム・アヴィグダー・スパイザー(Ephraim Avigdor Speiser)が発見し、スパイザー指揮の下で1931年から1938年の間にペンシルベニア大学の考古学者たちが発掘にあたった。

外部リンク[編集]