テネシー・セレステ・クラフリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テネシー・セレステ・クラフリン

テネシー・セレステ・クラフリン(Tennessee Celeste Claflin1845年10月26日 - 1923年1月18日)(別名テニー・C、クック夫人)は、アメリカ合衆国婦人参政権論者。ウォール街証券会社を設立した最初の女性として知られる。彼女が扱った取引は急速的なフェミニスト新聞出版の資金源となった。また彼女は、合法的な売春業にも賛同を示した[1]。テネシーと姉ヴィクトリアは

ジャーナリストとしても人間としても秘密を持つことはなく磁石のように親密で、女性解放の先駆者として自信満々であった。当時投資化達の助言を受け、誠実なジャーナリズムの手法で疑問点を解決していった[2]

生い立ち[編集]

ルーベン・バックマン・クラフリンとロクサナ・ハメル・クラフリンの娘としてオハイオ州ホーマーで生まれた。洗濯することやパイを焼くことに女性の価値がある保守的な場所としている[3]。父は厩務員、宿屋主人、農民興行主と多数の仕事を兼任していたが微妙な評判であった[2]。母は精霊達と親しくし、宗教の伝道集会に出席していた。トランス状態になり精霊の声を聞いていたそうである[2]。テネシーは「町のゴミと呼ばれるような怠惰な家庭」で酷い貧困状態で育ち[4]、少女の頃に両親が考え付いた金策『Miss Tennessee's Magnetic Elixir for Beautifying the Complexion and Cleansing the Blood (テネシーの、肌を美しく保ち血液を浄化する万能薬)』の販売に加担させられた。14歳で

すでに人生の半分を労働に費やした。まるで子役のようにプロとして大人の世界に存在して家計を支えるために稼いでいた。オハイオ州コロンバスで『超自然的な才能を生まれながら持っている』『素晴らしい子供』と呼ばれ、朝8時から夜9時まで人々の相談に乗っていた。1日100ドルを稼いだが、子供らしい時間を過ごせなかった[4]

若き日のテネシー・バックマン・クラフリン

姉のヴィクトリア・クラフリン・ウッドフル(1838年 - 1927年)は

まだ若く従順な妹を保護し、父が10年以上前にやっていたようにオハイオ州シンシナティで2人組の透視能力者として活動し始めた。もはや子供ではなく、クラフリン姉妹には多くの男性ファンがおり、精神的活動は抜きにしても会話を楽しんでいた。1860年代、霊能者売春婦は同等に扱われていた。用心深い近所の人々は、男性が一人で暗い女性の部屋を訪れ、彼らが霊魂に触れるのか、それとも彼女が自らの体を差し出し性的刺激を与えるのか、どちらの快楽を求めているのか知ることができなかった。またこの女性たちがテネシーとヴィクトリアだったのかどうかさえ定かではない。テネシーは他の2人の姉妹に比べてさらに美しかった。彼女は確実に魅力的であった。父に似た悪魔的でずる賢そうな瞳を持ち、見た目は性的魅力に溢れていた。少し肉付きが良く、えくぼがあり、朗らかで、女性らしい体つきでありながら少年のように肉欲的であった。彼女の表情は生活を楽しんでいるように見えた。

コーネリアス・ヴァンダービルト[編集]

22歳の頃、神霊治療に来たコーネリアス・ヴァンダービルトと出会う。彼女は患者に手をかざすと、その箇所が磁気を帯びたような感覚になり、電気の針を刺したような刺激があって健康な状態に戻るのだ。疑う余地はなかった。彼女の全て、審美的な口、からかうような瞳、そして熟練した手付き。彼女はヴァンダービルトの世代の体に小悪魔的に超自然的治療を行い、落ち込んだ気分を高揚させたため[4]、彼女に対し報酬は気前良く支払われた。

妻を亡くしたヴァンダービルトに関して家族はテネシー以外の誰かと結婚してもらいたかったが、彼女の支持者という立場から別の存在に変わり[4]、彼女の理解にも関わらず彼は彼女とのことを誓っていた[4]。テネシーの周囲で新しいヴァンダービルト夫人としてのは広まり、2人の関係はさらに禁じられるようになった[4]。もしテネシーとヴィクトリアが株式市場と関係があったなら、ブラック・フライデーが引き起こした問題をヴァンダービルトとの結婚によって終結できたであろう。1869年9月24日、そしてウォール街はひどく落ち込んだ。

1877年1月4日、ヴァンダービルトが1億ドルの遺産を残して亡くなった。家族の何人かは彼の遺言と、彼女が彼との精神的繋がりがあったことを証言することに異議を唱えた[4]。彼女とその姉は、ヴァンダービルトの相続人であると主張しない代わりに10万ドルが支払われた。裁判の前、イギリスへ行くために小編成の軍隊の護衛がつき、6つの一等特別室が与えられた[4]

結婚[編集]

若い投機家のジョン・ボーテルス(旧姓バーテルス)と衝動的に結婚したが、間もなく別れてしまった[4]。彼が彼女がしばらくの間姿を消した時にどうやって金銭を得たのか尋ねて激しい口喧嘩となり、離婚することを条件にその金銭を彼に分け与えることになった[5]。彼女は30代後半になり2度目の結婚をした。彼女が選んだ男性はコーネリアス・ヴァンダービルトにとてもよく似ていた。きっと彼女は35歳にして全米で一番裕福な男性の未亡人になる機会を逃したことから学んだのであろう[4]

1885年10月15日、モントセラト子爵で妻を亡くした大変裕福なフランシス・クック卿とイギリスで結婚。彼の亡くなった妻の魂は彼女に結婚を承諾したとされる。ロンドンの困窮している学生芸術家のためのアレキサンドラ・ハウスとコンサート・ホールに基金を寄付したため、ヴィクトリア女王にクック準男爵の地位を与えられた。イギリスの準男爵の妻となった彼女はそれ以降公式に『モントセラト子爵クック婦人』となった。テネシーは依然として象牙のような肌で美しい赤毛、繊細な割れた顎を持っていた[5]。16年後フランシス卿が亡くなった時、25万ドルを相続し、彼女が殺したのではないかとの噂が立った[6]

ドレス・コードの打破[編集]

記者が彼女の事務所に入った時の彼女の服装は男性用スーツであった。彼女の足首より10センチ上の裾を見て、記者は呆然とし「もしあなたがこれを着て道を歩いていたら暴動よりもっと悪いことが起きるでしょう」と言った。それでも彼女は男性用ジャケットを着ていたが、黒くて長いブロードのスカートを着用し、ヴィクトリアもすぐにこの服装を真似た。服装は政治的声明である。男性のような服を着る女性は男性優位の社会を脅かす。ある著名な医師はこの信念に対し、男性の服を着る女性は性別による無作法な積極性を明示するとしている。テネシーが男性の服を着ることは、広報活動としてだけでなく、服装によって女性の地位を守るということを抗議している[5]

選挙[編集]

1871年11月初頭、ニューヨークでヴィクトリアとテネシーは前例を作ることを決心して選挙登録をしに行き、それほど大きな抵抗に遭わなかったことに驚きながらも彼らの名前は登録された。4日後の選挙当日、女性解放運動の前にテネシーと女性達のグループが集まった。ヘラルドは後にテネシーが14条、15条改正案を読み上げるとまだ投票権はないのに集会はまるで法が改正されたかのように満足し、自分達の権利を勝ち取り、前方に反撃し徐々に広がり周囲を驚かせた、と語った[4]

晩年[編集]

2人で1つの離れがたい姉妹も数年疎遠となった。フランシス・クックとの結婚は幸せなものではなかった。ヴィクトリアはクックを、テネシーを人前で侮辱する自慢げな「放蕩老人」と表現。ヴィクトリアの夫ジョン・マーティンの助言で、家庭内に問題のあるテネシーと距離を置くことにし、1901年のクックの死後も距離を置いたままであった。テネシーは夫の死だけでなく、姉とも疎遠になったことに悲しんでいた[4]。1923年1月18日、テネシーはイギリスの又姪ユティカ・セレステ・ビーチャムの家で77歳で亡くなった。遺言はなく、「クック婦人、急進的で美しいテネシー・クラフリンとしてアメリカの高齢者によく知られる。若い頃はスーザン・B・アンソニールクレティア・モットと共に女性解放運動に参加。アメリカ合衆国上院を前に女性代表団を率いて選挙権を要求した。またルクレティア・モットをアメリカ合衆国大統領に推薦。黒人連隊の大佐にも就いたことがある[7]。」「多くのニューヨーク市民はほとんど覚えていないかもしれないが、クック婦人は女性解放運動の中心人物、記者、銀行員、株式仲買人、ウォール街の投機の成功者のテネシー・クラフリン嬢で、姉のヴィクトリアと共に新世代の女性であった[8]。」

メディア[編集]

姉ヴィクトリアと共に『Winner Take All 』(1976年)と『Onward Victoria 』(1980年)の2本のミュージカル作品に描かれている。

脚注[編集]

  1. ^ “The Tides of Fortune”. Wall Street Journal. (2007年12月19日). http://online.wsj.com/article/SB119801762564337829.html 2008年6月27日閲覧. "Not surprisingly, [Vanderbilt] channeled only a small fraction of his wealth to philanthropy, focusing instead on racing horses and dabbling in the occult as he grew older. After his wife Sophia's death, he became entangled with a pair of sisters, the free-love advocate Victoria Woodhull and the spiritualist healer and sometime-prostitute Tennessee Claflin, who became a regular fixture at Washington Place." 
  2. ^ a b c Ross, Ishbel. Charmers & Cranks: Twelve Famous American Women Who Defied the Conventions. Harper & Row, 1965.
  3. ^ Brough, James. The Vixens: A Biography of Victoria and Tennessee Claflin. Simon and Schuster, 1980.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l Gabriel, Mary. Notorious Victoria: The Life of Victoria Woodhull, Uncensored. Algonquin Books of Chapel Hill, 1998.
  5. ^ a b c Goldsmith, Barbara. Other Powers: The Age of Suffrage, Spiritualism, and the Scandalous Victoria Woodhull. Alfred A. Knopf, 1998.
  6. ^ “Lady Cook Dies in London at 77. Former Tennie C. Claflin Was Spiritualist and Suffragist Here 50 Years Ago.”. New York Times. (1923年1月20日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F20D14FC395516738DDDA90A94D9405B838EF1D3 2008年6月27日閲覧。 
  7. ^ http://books.google.com/books?id=Ni3mAAAAMAAJ&dq=tennessee%20claflin%20cook&pg=PA331#v=onepage&q=tennessee%20claflin%20cook&f=false. Retrieved 2011-11-21.
  8. ^ http://books.google.com/books?id=SjcuAAAAMAAJ&dq=tennessee%20claflin%20cook&pg=RA1-PA92#v=onepage&q=tennessee%20claflin%20cook&f=false. Retrieved 2011-11-21.

関連事項[編集]