テナガコガネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テナガコガネ亜科
Cheirotonus.macleayi.jpg
テナガコガネ Cheirotonus macleayi
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: コウチュウ目 (鞘翅目) Coleoptera
亜目 : カブトムシ亜目 Polyphaga
上科 : コガネムシ上科 Scarabaeoidea
: コガネムシ科 Scarabaeidae
亜科 : テナガコガネ亜科 Euchirinae
英名
Long-armed chafer
  • テナガコガネ属 Cheirotonus
  • ヒメテナガコガネ属 Propomacrus
  • ドウテナガコガネ属(クモテナガコガネ属) Eucbeirus

テナガコガネとは、昆虫綱甲虫目コガネムシ科テナガコガネ亜科に属する昆虫の総称。雄成虫の前脚が非常に長いことが特徴。日本にはヤンバルテナガコガネが生息する。大型のコガネムシの仲間。

幼虫は生育に際し、広葉樹の老木の巨大な洞に溜まったフレーク状の腐植土を餌とするが、これには巨大な原生林や他の動物の関与が必要となる。卵の産卵数も少ないうえ孵化率も低いため、原生的自然の破壊とともに減少傾向にあり、日本だけではなく世界的にも保護されている。日本でもヤンバルテナガコガネは天然記念物に指定されており、採集飼育共に全面的に禁止されている。

3属10数種からなり、東アジア南部の台湾中国福建省あたりから、東南アジアにかけての低緯度地方が分布の中心である。

なお、高緯度地方で同様の樹洞性のニッチを持つコガネムシ科の昆虫に、ブナ林に生息するオオチャイロハナムグリなどが知られている。

日本では、ヤンバルテナガコガネとの競合・交雑の恐れがあるとして、2006年2月1日に一部が2006年7月18日にヤンバルテナガコガネを除く全種が特定外来生物に指定され、輸入禁止となった。

なお鳥取県国府町の中新世の地層からはイナバテナガコガネの化石も発見されている。

下位分類[編集]

テナガコガネ属 Cheirotonus[編集]

ヒメテナガコガネ属 Propomacrus[編集]

  • (トルコ)ヒメテナガコガネ Propomacrus bimucronatus - トルコ
  • ダビィドテナガコガネ Propomacrus davidi - 中国

ドウテナガコガネ属(クモテナガコガネ属) Eucbeirus[編集]

  • (セラム)ドウテナガコガネ Eucbeirus longimanus - セラム島
  • セスジドウナガテナガコガネ Eucbeirus dupontianus - ミンドロ島