テテ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界 > アフリカ > 南部アフリカ > モザンビーク > テテ州
テテ州
モザンビークにおける州の位置
行政府所在地 テテ市
面積 100,724 km2
人口 1,388,205人(2002年

テテ州Tete província)は、モザンビーク西部の内陸である。旧名ポルト・パルハ 面積は100,724km²、人口は1,388,205人(2002年)。州都はテテ市Tete cidade)。

行政区分[編集]

テテ市(cidade de Tete)と、次の12の地域(District)から成っている。

アンゴニア (Angónia), ツァンガノ(Tsangano), マカンガ (Macanga) , チフンデ(Chifunde), チウタ((Chiuta), モアティゼ(Moatize), ズンボ(Zumbo), マゴエ(Magoe), マラビア(Maravia), カボラバッサ(Cahora Bassa), チャンガラ((Changara), ムタララ(Mutarara),

地理[編集]

テテ州の地図

モザンビークの内陸部に位置し、マニカ州ソファラ州ザンベジア州のほか、マラウイザンビアジンバブエの3カ国に接している。

周囲は山に囲まれており、中央をザンベジ川が流れ、上流にはカオラ・バッサ(Cahora Bassa)ダムによるダム湖のカオラ・バッサ湖(Cahora Bassa Lake)がある。このダムによる発電所は、内戦時には度々破壊工作の標的にさらされた。

最近は、テテ市近郊のモアティゼMoatize)の炭坑開発が注目されており、鉄道の復旧も検討されている。

ザンベジ川沿いの州都テテ市、は、モザンビークでも最も暑い場所と言われているが、マラウイ国境沿いの北部アンゴニア(Angónia)などは高原で夏でも過ごしやすい。

外部リンク[編集]