テスラ・モデルS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テスラ・モデルS
TeslaModelSsedan.jpg
製造国 アメリカ
乗車定員 5+2/1.5人
ボディタイプ 4ドア セダン
モーター 3相交流モーター
変速機 単速
駆動方式 リアエンジン
全長 4,978mm
ホイールベース 2,959mm
車両重量 1,735kg
-自動車のスペック表-

モデルSModel S )とは、アメリカテスラモーターズが製造・販売しているセダンタイプの電気自動車である。

概要[編集]

テスラ・ロードスターに続いて二車種目となるテスラの電気自動車で、ボディタイプは「4ドアセダン」と紹介されているが、リアには大型のテールゲートを備えており、厳密にいえば「5ドアハッチバック」となる。2012年6月からのアメリカでの発売が、2013年からは日本でも発売された。将来的にはNUMMIでの生産も予定されている。

エクステリアでは、シャープなフロントマスクをまとい、青色LEDランプを多用。デザイン担当は、マツダの北米デザインセンターでディレクターを務めていたフランツ・フォン・ホルツハウゼン[1][2]

インテリアには、リサイクル可能なPET樹脂や、を使っていないイタリア製レザーを用い、高級感の漂う内装とされている。また、インストルメント・パネル(ダッシュボード)には、17型の液晶画面を備え、様々な情報を得ることができるようになっている。

また、セダンにも関わらず、5+2/1.5人が定員となっているのは、通常の5人分の座席に加えて、ラゲッジスペースに子ども2人が座ることのできる補助シートが設けられているためである。

パワートレインには、新規開発された9インチの液冷式モーターを採用。床下には、新規開発されたリチウムイオン電池を搭載。最高航続距離は160マイル(約257km)、230マイル(約370km)、300マイル(約483km)の3種類があり、充電可能な電圧は110V,220V,440Vに対応。220Vなら4時間、440Vなら最短45分で充電可能とされている。

事件・事故[編集]

2013年10月初頭から6週間の間に、相次いで3件の火災事故が発生。アメリカ道路交通安全局(NHTSA)は、最初の火災については自動車の欠陥を示す証拠は見当たらないとのコメントを出したが、相次ぐ火災により会社の株価が下落する事態となった[3]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日経trendy
  2. ^ [en:Franz_von_Holzhausen]
  3. ^ “米テスラの「モデルS」で新たに火災事故、株価急落”. ロイター (ロイター通信社). (2013年11月4日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYE9A700Y20131108 2013年11月8日閲覧。 

関連項目[編集]