テコンドー (ヒューマン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

テコンドーは、1994年6月28日ヒューマン (ゲーム会社)から発売されたスーパーファミコン用スポーツゲームである。

概要[編集]

その名の通り、韓国発祥の格闘技、テコンドーを題材にしたスポーツゲーム。スポーツゲームに分けられるが、コマンド入力による技、一発逆転、攻撃による駆け引きの要素もあり、対戦格闘ゲームの要素もある。また、日本語の他に、ハングルにも対応している。

格闘ゲームと違い、Rボタンを押しながら上下を押すと奥や手前にキャラを動かす事ができる。ある程度進み、体力がノックアウト近くまでに追い込まれ、あるコマンドを入力すると乱舞奥義という無数の攻撃を一瞬の内に繰り出せる技ができる。あまり威力は高くないが、手数とポイントを荒稼ぎし判定を有利に持っていくことができる。

モード[編集]

トーナメントモード
デフォルトで用意されているキャラクター、もしくはエディットで作ったキャラクターで日本選手権、韓国北朝鮮で行われる世界選手権をそれぞれ2連覇を目指して戦っていく。
VS.モード
対戦モード
団体戦モード
勝ち抜き戦
テコンドー道場
練習モード
コントローラー設定
サウンド

登場人物[編集]

  • 速水恭志(北海道代表)
  • 飛崎翔太(東北代表)
  • 一条悠紀(北陸・中部代表)
  • 麻宮瞬(関東代表)
  • 甲斐隼人(甲信越代表)
  • 李龍求(関西代表)
  • 八神明(中国・四国代表)
  • 尹斗一(九州・沖縄代表)

他コンピューター専用の海外の人物

邪三兄弟(ハングル版では加藤三兄弟)[編集]

  • 邪烈(朝鮮代表)

三男。スキンヘッドが特徴。パワーに秀でるがスピードは遅め。

  • 邪鋭(朝鮮代表)

次男。長髪が特徴。スピードが速めだが、パワーはやや劣る。

  • 邪煜(朝鮮代表)

長男にして最終ボス。あらゆるパラメータが高い。試合前に審判を蹴り飛ばし気絶させてしまうので、彼に勝つにはKOするしかない。

  • ※彼らは裏技で使用することができる。

ゲームのルール[編集]

  • 時間内にノックアウト
  • 5回ダウンでTKO
  • 2分以内に決着がつかない場合は判定。攻撃ポイントが高い方が勝利する。

攻撃ポイント[編集]

  • ダウン:5点
  • ジャンプ攻撃:3点
  • 頭部への攻撃:2点
  • 頭部以外への上半身攻撃:1点
  • 警告(故意のエスケープ、消極的姿勢など):-5点

参考文献[編集]