テクノポート福井総合公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テクノポート福井総合公園
芝生広場
所在地 北緯36度11分22.71秒 東経136度8分2.57秒 / 北緯36.1896417度 東経136.1340472度 / 36.1896417; 136.1340472座標: 北緯36度11分22.71秒 東経136度8分2.57秒 / 北緯36.1896417度 東経136.1340472度 / 36.1896417; 136.1340472
面積 159,000平方メートル[1]
開園 1994年4月[1]
運営者 グリーンシェルター・サウルコス福井パートナーズ
設備・遊具 芝生広場
各種ゴルフ場
球技場
バーベキュー広場他
駐車場 400台[1][2]
事務所所在地 福井県坂井市三国町黒目22字51-1[1][2]
アクセス #アクセスを参照。
公式サイト 公式ウェブサイト

テクノポート福井総合公園(テクノポート ふくいそうごうこうえん)は、福井県坂井市にある公園。福井県の工業用地である福井臨海工業地帯(愛称:テクノポート福井)と同所に存在する。施設は福井県が所有し、グリーンシェルター・サウルコス福井パートナーズ(グリーンシェルター(福井県坂井市)およびサウルコス福井(福井県福井市)による共同事業体)が指定管理者として運営管理を行っている。

概要[編集]

福井臨海工業地帯と同所にある公園であり、1994年4月に開設された。なお、「テクノポート福井総合公園の設置および管理に関する条例」の第1条によると、「福井臨海工業地帯の都市機能の充実を図るとともに県民にスポーツおよびレクリエーションに親しむ場を提供すること」を目的とする[1]。なお、公園内にはバーベキュー広場、芝生広場、各種ゴルフ場、球技場(テクノポート福井スタジアム)などが設置されている。

当公園の指定管理者は2014年3月まで財団法人福井県企業公社であったが、2014年4月よりグリーンシェルター・サウルコス福井パートナーズとなっている[3]。なお、福井県の当公園の維持に関する負担額は2005年段階で約1億800万円であったが、指定管理者制度の導入で当公園の運営・管理を民間委託したことなどを理由として2014年時点の負担額は4,360万円に減少している[4]

芝生広場[編集]

芝生広場(芝生大広場)は、総面積が10,000平方メートルである[1]。メインスタンドから見て右側のサイドスタンドは公園内の芝生築山の斜面を兼ねている。そのため、他のスタンドと比べて高く、面積も広い。

ゴルフ場[編集]

テクノポート福井スタジアム[編集]

2014年天皇杯2回戦

テクノポート福井スタジアムは、福井県内で最大規模のフットボール専用の球技場である。福井臨海工業地帯(愛称:テクノポート福井)におけるスポーツ・レクリエーション施設の整備計画の中核として、1994年にテクノポート福井総合公園内に建設された。

施設概要[編集]

  • 収容人員:21,053人(メイン:個人椅子席 4,046、身障者席14、バック:ベンチ席 6,160、サイド:ベンチ席 10,833)[1]
  • 照明設備:4基(平均照度1,500ルクス以上)[1]
  • グラウンド:15,200平方メートル、全面洋芝 160m×95m[1]
  • スコアボード:磁気反転式

開催されたイベント・大会[編集]

その他の施設[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l テクノポート福井総合公園の指定管理者募集要項 (PDF) 2013年4月2日閲覧
  2. ^ a b c スタジアム【福井テクノ】”. 日本フットボールリーグ. 2014年3月1日閲覧。
  3. ^ “公の施設の指定管理者候補団体の選定について” (プレスリリース), 福井県, (2013年11月28日), http://www.pref.fukui.jp/doc/zaisanzimu/senteitop1.html 2014年3月1日閲覧。 
  4. ^ 経費節減など効果大 指定管理者制度10年目”. 中日新聞 (2014年1月20日). 2014年3月1日閲覧。
  5. ^ テクノポート号”. えちぜん鉄道. 2013年4月2日閲覧。
  6. ^ a b c d アクセス方法について”. テクノポート福井総合公園公式サイト. 2014年4月6日閲覧。
  7. ^ a b c テクノポート福井スタジアム”. J3リーグ. 2014年4月6日閲覧。

外部リンク[編集]