テクノポート福井総合公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テクノポート福井総合公園
芝生広場
所在地 北緯36度11分22.71秒 東経136度8分2.57秒 / 北緯36.1896417度 東経136.1340472度 / 36.1896417; 136.1340472座標: 北緯36度11分22.71秒 東経136度8分2.57秒 / 北緯36.1896417度 東経136.1340472度 / 36.1896417; 136.1340472
面積 159,000平方メートル[1]
開園 1994年4月[1]
運営者 グリーンシェルター・サウルコス福井パートナーズ
設備・遊具 芝生広場
各種ゴルフ場
球技場
バーベキュー広場他
駐車場 400台[1][2]
事務所所在地 福井県坂井市三国町黒目22字51-1[1][2]
アクセス #アクセスを参照。
公式サイト 公式ウェブサイト

テクノポート福井総合公園(テクノポートふくいそうごうこうえん)は、福井県坂井市にある公園。施設は福井県が所有し、グリーンシェルター(福井県坂井市)およびサウルコス福井(福井県福井市)による共同事業体「グリーンシェルター・サウルコス福井パートナーズ」が指定管理者として運営管理を行っている。

概要[編集]

福井県の工業用地である福井臨海工業地帯(テクノポート福井)の一角、九頭竜川の河口そばに1994年4月に開設された。「テクノポート福井総合公園の設置および管理に関する条例」の第1条によると、「福井臨海工業地帯の都市機能の充実を図るとともに県民にスポーツおよびレクリエーションに親しむ場を提供すること」を目的とするとされている[1]。なお、公園内にはバーベキュー広場、芝生広場、各種ゴルフ場、球技場(テクノポート福井スタジアム)などが設置されている。

当公園の指定管理者は2014年3月まで財団法人福井県企業公社であったが、2014年4月よりグリーンシェルター・サウルコス福井パートナーズとなっている[3]。なお、福井県の当公園の維持に関する負担額は2005年段階で約1億800万円であったが、指定管理者制度の導入で当公園の運営・管理を民間委託したことなどを理由として2014年時点の負担額は4,360万円に減少している[4]

芝生広場[編集]

芝生広場(芝生大広場)は、総面積が10,000平方メートルである[1]。メインスタンドから見て右側のサイドスタンドは公園内の芝生築山の斜面を兼ねている。そのため、他のスタンドと比べて高く、面積も広い。

ゴルフ場[編集]

テクノポート福井スタジアム[編集]

テクノポート福井スタジアム
テクノポート福井スタジアム
施設情報
所在地 福井県坂井市三国町黒目22-51-3
位置 北緯36度11分14.9秒
東経136度7分53.1秒
座標: 北緯36度11分14.9秒 東経136度7分53.1秒
開場 1994年
所有者 福井県
運用者 グリーンシェルター・サウルコス福井パートナーズ
グラウンド 全面洋芝[1]
ピッチサイズ 160m×95m[1]
照明 4基(平均照度1,500ルクス以上)[1]
大型映像装置 なし(磁気反転式スコアボードあり)
使用チーム、大会
収容能力
21,053人[1]

テクノポート福井スタジアムは、福井県内で最大規模の球技場である。北信越フットボールリーグ1部に所属するサウルコス福井がホームスタジアムとして使用している。

施設概要[編集]

球技専用スタジアムとしては北陸有数の規模をもつ。ピッチサイズは160m×95mと、サッカーの標準サイズ(90-120m×45-90m)に比べてかなり広く(やや小さめのフィールドなら2面確保可能)、スタンドとの距離がある。スタンドは1層式でピッチ周囲を囲むように設けられている。メインスタンドは個別席(4,046席+身障者席4席)で、バックスタンド(6,160席)とサイドスタンド(10,833席)はベンチシート。屋根はつけられていない。

開催されたイベント・大会[編集]

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)発足間もない時期に完成したスタジアムであることから、サッカーの公式戦を中心に開催されている。天皇杯全日本サッカー選手権大会皇后杯全日本女子サッカー選手権大会の福井県大会決勝は主にここで開催されているほか、全国大会でも使用される。

Jリーグ公式戦は1990年代にジェフユナイテッド市原(現・ジェフユナイテッド千葉)セレッソ大阪が複数回のホームゲームを開催したほか、名古屋グランパスジュビロ磐田ヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)鹿島アントラーズもホームゲーム開催歴がある。2000年代に入ると2001年に横浜FCが、2007年に京都サンガF.C.とセレッソ大阪がJ2で各1試合開催したのみでJリーグのスタジアムとしては永らく使用されてこなかったが、2014年にJ3入りしたツエーゲン金沢がホームゲームを1試合開催している。また、日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)公式戦としてはINAC神戸レオネッサのホームゲームが2011年に開催されている。

その他の利用例としては以下のとおり。

そのほか、2002 FIFAワールドカップに出場したメキシコ代表がここでキャンプを行った。

その他の施設[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m テクノポート福井総合公園の指定管理者募集要項 (PDF) 2013年4月2日閲覧
  2. ^ a b c スタジアム【福井テクノ】”. 日本フットボールリーグ. 2014年3月1日閲覧。
  3. ^ “公の施設の指定管理者候補団体の選定について” (プレスリリース), 福井県, (2013年11月28日), http://www.pref.fukui.jp/doc/zaisanzimu/senteitop1.html 2014年3月1日閲覧。 
  4. ^ 経費節減など効果大 指定管理者制度10年目”. 中日新聞 (2014年1月20日). 2014年3月1日閲覧。
  5. ^ テクノポート号”. えちぜん鉄道. 2013年4月2日閲覧。
  6. ^ a b c d アクセス方法について”. テクノポート福井総合公園公式サイト. 2014年4月6日閲覧。
  7. ^ a b c テクノポート福井スタジアム”. J3リーグ. 2014年4月6日閲覧。

外部リンク[編集]