テクノソフト (ゲーム会社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

テクノソフト(Tecno Soft)は、かつて存在した、主にコンピュータゲームを制作・販売していた日本の企業。

本社は長崎県佐世保市に所在。初期にはTecno Softと表記したが1992年頃からはTechno Softとも表記していた。

概要[編集]

当初は8ビットパソコン向けのコンピュータゲーム(パソコンゲーム)を中心にソフトウェアを制作・販売していた。ゲームソフトの他にも画像処理ソフトウェアの一種である『グラフィックツールセット』(『パターンエディター』と『ラインエディター』)やタイピングソフト逆アセンブラなどのソフトウェアもリリースした事がある。

パソコンゲーム黎明期からハードウェアの能力を引き出す技術力の高さで知られた存在で、『スタートレック』などをモチーフとした3Dリアルタイム宇宙戦艦シミュレーション『スターフリート/B』や、日本パソコンゲームでは初のポリゴンを使ったレースゲームプラズマライン』をリリース、多くのファンを獲得し中堅メーカーとしての認知を得ていた。また、1980年代の同社は互換性の無い機種が乱立した当時のパソコン業界に於いて、8ビット御三家のような主要市場向けのみならず、IBM JXの様なマイナーに終わった機種、廉価版ホビーパソコンにまでプログラムテクニックを駆使したゲームをリリースしていたことでも知られており、MSX系やPC-6001mkII向けでも同社タイトルをリリースしている。

1989年以降、パソコンゲームでヒットした同社シューティングゲームの人気タイトルを、メガドライブなどコンシューマーゲームにも移植ないしシリーズ作品として自社でリリースしたことでコンシューマーゲーム機での開発ノウハウを取得し、1990年代はコンシューマーゲーム機に注力し、また他社ブランドへの製品供給も行っていた。一時期は佐世保市内に自社ビル「テクノビル」を構えるまでになっていたが、1999年の新作『ネオリュード 刻まれた紋章』が最後の作品になった。

現在も公式ウェブサイトは存在するものの、既に法人としてのテクノソフトは消滅しており、著作権を引き継いだ企業のテクノソフト名義での現在の活動はライセンス許諾と著作権管理、音楽コンテンツCDなど過去製品の再生産品の販売となっている。

歴史[編集]

  • 1980年2月 - 佐世保マイコンセンターとして創業
  • 1982年4月 - テクノソフトとして名を変えて設立
  • 1989年6月15日 - 『サンダーフォースII MD』でメガドライブ向けゲームソフトの制作・販売に参入
  • 1994年12月3日 - 『熱血親子』でプレイステーション向けゲームソフトの制作・販売に参入
  • 1995年7月21日 - 『熱血親子』でセガサターン向けのゲームソフトの制作・販売に参入
  • 1999年12月16日 - 『ネオリュード 刻まれた紋章』発売。
    • これと前後として、ゲーム制作撤退あるいは倒産という情報が各所で流れる[1]。以降、テクノソフト名義で発売された新作は無い。
  • 2001年 - 情報処理・貸しビル業のトゥウェンティワンが著作権関係などを引き継ぎ、事実上の休眠会社であったテクノソフトが消滅する
  • 2002年前半 - 会社サイトのリニューアルの告知を行ったが、特記すべき動きはなかった
  • 2007年 - 公式トップが更新され、何らかの動きがあることが示された
  • 2008年夏 - 『サンダーフォースVI』発表と同時に、ライセンス使用許諾の業務開始予定の一文が公式ホームページに記された
  • 2010年6月 - 活動中に販売されていたグッズを中心に直販サイトが立ち上がり、品切れ商品の再生産などが予告される

開発・販売タイトル[編集]

開発協力[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]