テキ魏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「翟魏」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

(てきぎ/たくぎ[1]、388年 - 392年)は、中国五胡十六国時代丁零人のにより、現在の河南省黄河南岸に建てられた政権である。

歴史[編集]

以下の記述は『魏書』、『晋書』、『資治通鑑』によるもの。[2]

建国以前[編集]

翟斌の一族は代々康居に住み、後に中国に移った[3]

330年、翟斌は後趙に入朝し、句町王に封ぜられる。

371年1月、前秦苻堅は関東の豪傑及び雑夷15万戸を関中に、烏桓族を馮翊郡北地郡に、丁零族の翟斌を新安郡澠池郡に移住させた。

383年12月、前秦の衛軍従事中郎であった翟斌は河南で挙兵し、前秦の予州牧で平原公の苻暉洛陽で攻めた。長楽公の苻丕慕容垂苻飛龍にこれを討たせたが、慕容垂は南下して丁零と結び、苻飛龍を殺し、ことごとくその衆を生き埋めにした。慕容垂は密かに前燕の旧臣と燕国を復興させることを謀っており、丁零の翟斌と兵を起こして前秦に叛いたのである。慕容鳳及び燕の故臣の子である燕郡の王騰、遼西の段延らは翟斌の挙兵を聞き、各部曲を率いてこれに帰した。平原公の苻暉は武平武侯の毛当に翟斌を討たせた。丁零の衆は翟斌に随従し、秦兵を大敗させ、毛当を斬った。翟斌は遂に陵雲台戍に侵攻し、万余人の甲仗を収める。

384年1月、慕容鳳,王騰,段延らが慕容垂を盟主に奉じることを勧めたので、翟斌はこれに従った。慕容垂は大将軍,大都督,燕王と称して後燕を建国すると、弟の慕容徳を車騎大将軍・范陽王とし、兄子の慕容楷を征西大将軍・太原王とし、翟斌を建義大将軍・河南王とし、元扶餘王の餘蔚を征東将軍・扶餘王とし、昌黎鮮卑の衛駒を鷹揚将軍とし、慕容鳳を建策将軍とした。2月、慕容垂は丁零,烏桓の衆20余万を率いてを攻めたが、陥落できなかった。7月、翟斌は功を恃んで驕り高ぶり、鄴城を陥落できずにいる慕容垂に対して密かに弐心を抱いた。これに気付いた太子の慕容宝,范陽王の慕容徳,陳留王の慕容紹,驃騎大将軍の慕容農らは翟斌を排除することを慕容垂に請うたが、功績のある翟斌を排除することはできないと、申し出を却下した。ある日、翟斌は尚書令になることを請うたが、慕容垂に断られたため、密かに前秦の長楽公である苻丕と通謀し、丁零人たちに堤防を決壊させた。この事が発覚し、翟斌及びその弟翟檀,翟敏は慕容垂に殺された。翟斌の兄の子である翟真は夜に営衆を率いて北の邯鄲に奔走した。翟真は兵を引き連れてに戻り、前秦苻丕と内外で呼応しようとした。しかし、後燕太子の慕容宝が冠軍大将軍の慕容隆とこれを撃破したので、翟真は邯鄲に逃げ帰った。8月、翟真が邯鄲から北走したので、慕容垂は太原王の慕容楷,驃騎大将軍の慕容農に騎馬を率いて追撃させた。両者は下邑で戦い、翟真が勝利した。10月、翟真は承営に在って、公孫希,宋敞遙と首尾となった。長楽公の苻丕は宦者冗従僕射の清河光祚を遣わし、将兵数百を中山に赴かせて翟真と結んだ。また、陽平太守邵興を遣わして数千騎を率い、冀州の故郡県に召集し、光祚と襄国で会した。この時、後燕軍は疲弊しており、前秦の勢いは復振していたので、趙郡人の趙粟らは柏郷で兵を起こして邵興に応じた。後燕王の慕容垂は冠軍大将軍の慕容隆,龍驤将軍の張崇に邵興を撃たせるべく、驃騎大将軍の慕容農と合流させた。慕容隆は邵興と襄国で戦い、これを大破した。邵興は広阿まで逃走したが、慕容農と遭遇して捕えられた。光祚はこれを聞き、鄴に逃げ帰った。慕容隆は趙粟らを撃破し、冀州の郡県は再び後燕に従った。独孤部劉庫仁は公孫希がすでに平規を破ったことを聞き、大挙兵して長楽公の苻丕を救おうと、雁門上谷代郡の兵を発し、繁畤に駐屯した。時に、劉庫仁の所にいた慕輿文,慕輿常の2人は三郡の兵が遠征に嫌気がさしていることを知り、造反して劉庫仁を夜襲して殺害し、その駿馬を盗んで後燕に奔走した。これを聞いた公孫希の衆は動揺して自潰したので、公孫希は翟真の所へ奔走した。11月、後燕の慕容農は信都の西から翟真の従兄である翟遼を魯口で撃ち、これを破った。翟遼は退いて無極に駐屯し、慕容農は蒿城に駐屯してこれに迫った。12月、後燕の慕容麟,慕容農は翟遼を襲って大破し、翟遼は単騎で翟真の所へ奔走した。

385年4月、翟真が承営から行唐に移ると、翟真の司馬である鮮于乞は翟真および諸翟人を殺し、自ら立って趙王となった。営人は共に鮮于乞を殺し、翟真の従弟である翟成を立てて主とした。しかし、その衆の多くは後燕に降り、翟遼は黎陽に奔走した。5月、燕王慕容垂は常山に至り、翟成を行唐で包囲した。7月、翟成の長史である鮮于得[4]は翟成を斬って慕容垂に降った。慕容垂は行唐を攻め落とし、翟成の衆をことごとく穴埋めにした。[5]

386年1月、黎陽に逃れた翟遼は黎陽太守滕恬之に甚だ寵愛されるが、滕恬之が士卒から信用されていないことを知ると、密かに謀りごとを企てた。そして滕恬之が南の鹿鳴城を攻めた際、後方にいた翟遼は閉門して滕恬之が帰って来れないようにし、東の鄄城に奔走しようとした滕恬之を追って捕え、黎陽を乗っ取った。これを知った豫州刺史硃序は将軍の秦膺,童斌を遣わし、淮,泗の諸郡と共にこれを討った。3月、泰山太守の張願は郡ごと叛いて翟遼に降った。8月、翟遼は譙で略奪をおこなったため、硃序によって撃退された。

387年1月、翟遼は子の翟釗に陳,穎を略奪させたが、硃序が派遣した秦膺によって撃退された。4月、高平の翟暢は太守の徐含遠を捕え、郡ごと翟遼に降った。5月、後燕の慕容垂は自ら諸将を率いて南の翟遼を攻め、太原王の慕容楷を前鋒都督とした。翟遼の衆は皆、燕,趙の出身であったため、慕容楷が攻めてくるのを聞くとこれに帰順した。懼れた翟遼は使者を送って降伏を請うた。慕容垂はこれを承諾し、翟遼を徐州,河南公に封じて帰還した。10月、翟遼は後燕に叛き、王祖,張申とともに清河郡平原郡を略奪した。

翟魏の建国[編集]

388年2月、翟遼は司馬の眭瓊を後燕に遣わして謝罪したが、慕容垂はこれを聞き入れず、眭瓊を斬って関係を絶った。そこで翟遼は自ら魏天王と称し、改元して建光とし、百官を置いた。5月、翟遼は滑台に移って駐屯した。

建光2年(389年)4月、翟遼は滎陽を略奪し、太守の張卓を捕えた。10月、後燕の楽浪悼王の慕容温が冀州刺史となったため、翟遼は丁零人の故堤に偽りの降伏をさせて慕容温の帳下に入れ、慕容温を殺害させた。

建光3年(390年)1月、豫州刺史の硃序は翟遼を撃ち破った。8月、劉牢之は翟釗を鄄城で撃ち、翟釗は河北に奔走した。劉牢之はさらに翟遼を滑台で破り、張願が来降してきた。

建光4年(391年)10月、翟遼が死去し、子の翟釗が代わって立ち、改元して定鼎とした。翟釗は後燕の鄴城を攻めたが、後燕の遼西王である慕容農によって撃退された。

定鼎2年(392年)2月、後燕の君主である慕容垂は魯口から河間,渤海,平原に及んだ。翟釗はその将翟都を遣わして館陶を侵し、蘇康塁に駐屯させた。3月、慕容垂は兵を率いて南の翟釗を撃った。4月、翟都は南の滑台に奔走、翟釗は滑台で慕容垂に討たれ、黎陽に退いた。6月、慕容垂が黎陽津に到達し、渡河しようとするのを、翟釗は南岸に列兵してこれを拒んだ。慕容垂は偽の兵をつかって翟釗の注意を引き、その隙に渡河を成功させた。これを聞いた翟釗は妻子と数百騎を連れて北の白鹿山に奔走した。慕容農はこれを追撃してその衆を捕えたが、翟釗のみは単騎で西燕の長子に奔走した。慕容垂は翟釗の統領していた七郡3万8千戸を以前のように処遇し、徐州の流人7千数戸を黎陽に遷した。翟釗は西燕の君主慕容永に救いを求めて西燕に降り、慕容永から車騎大将軍,東郡王に封ぜられる。

1年余りして、翟釗は慕容永を殺そうと謀ったため、慕容永によって誅殺された。

歴代君主[編集]

  1. (在位:388年 - 391年)…翟真の子か、従兄
  2. 翟釗(在位:391年 - 392年) …翟遼の子

使用した元号[編集]

脚注[編集]

  1. ^ の読みについては、『通志』氏族略に「翟氏、亦作狄、音、亦音。祁姓、黄帝之後、世居翟地。国語云、翟国為晋所滅、子孫以国為氏。」とあり、タク/テキの二通りがある。ここでは三崎良章『五胡十六国』(東方書店、2002年、ISBN 9784497202017)にしたがい、記事名をテキ魏とする。詳細は本記事のノートも参照。
  2. ^ 『魏書』(列伝第八十三)、『晋書』(載記第十三、載記第十四、載記第二十三)、『資治通鑑』(卷第九十四、卷第一百三、卷第一百五、卷第一百六、卷第一百七、卷第一百八)
  3. ^ 『資治通鑑』卷第九十四
  4. ^ 『資治通鑑』では「鮮於得」
  5. ^ 資治通鑑』卷第一百六

参考資料[編集]

関連項目[編集]