テオ・アルブレヒト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

テオ・アルブレヒトTheo Albrecht、本名:Theodor Paul Albrecht1922年3月28日 - 2010年7月24日)は、ドイツの実業家で、チェーンディスカウント・スーパーマーケット大手アルディ(Aldi)のCEO

アルディの創業者カール・アルブレヒトは兄であり、フォーブスの発表による世界長者番付2006年度版の結果においては、総合第13位に選ばれたカールに対して、総合第20位、ドイツ人としては第2番目の富豪に選ばれている。

1979年から2007年頃までトレーダー・ジョーズのCEOも務めていた。家族は妻と2人の子供。

1971年に、金に困った弁護士により誘拐されるが、17日後に身代金400万ドルで解放される。その際、自ら犯人と交渉して身代金を値引きさせたという。以降、露出を嫌い、私生活は秘密に包まれていたが、第一線を退いたあとは、北海の小さな島に住み、兄弟でゴルフを楽しむ暮らしをしていたと報じられた。2010年に88歳で亡くなるが、死因は発表されていない。

外部リンク[編集]

フォーブスによる写真付の紹介記事(英語)