テオフィル・オーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
L'amiral Aube

イアサント・ローレント・テオフィル・オーブ(Hyacinthe Laurent Théophile Aube、1826年11月22日生(ツーロン) - 1890年没(ツーロン))[1]は、フランス海軍提督で、海軍大臣を務めた。ジューヌ・エコールの提唱者としても知られる。

経歴[編集]

1846年士官候補生として海軍に入隊、1880年少将1886年中将に昇進した。経歴の多くを植民地で過ごした。戦艦に対して多数の小型艦[2]で対抗するという、ジューヌ・エコールの指導者として著名である。1882年、彼の理論を述べた『la guerre maritime et les ports militaires de la France(海軍の戦闘とフランスの軍港)』[3]を出版した。

1886年1月7日から翌1887年5月29日まで、にフランスの海軍大臣を務め、彼の提唱した理論を実践した。また、フランス最初の潜水艦であるジムノートの建造を許可した。

海軍大臣を辞した後も、いくつかの重要な役職を務めた。

死の2年後の1902年5月9日、彼の名前を冠した巡洋艦Amiral-Aubeが進水している。

著作[編集]

  • De la Marine française. Rochefort 1874.
  • Un nouveau droit maritime international. Paris 1875.
  • Entre deux campagnes. (1881)
  • La Guerre maritime et les Ports militaires de la France. Paris 1882. Wikisourceに原文あり
  • Italie et Levant. Paris 1884.
  • A terre et à bord. Paris 1884.
  • Défense nationale, défense des colonies. In: Atlas Colonial (H. Mager ed.). Paris 1885

脚注[編集]

  1. ^ 署名から彼のファースト・ネームがテオフィルであることが分かり、フランス語版、英語版の記事名もテオフィル・オーブとなっている。しかし他言語版では記事名をイアサント・オーブとしている例もある。
  2. ^ 水雷を装備した小艦艇を意味する。当時はまだ「駆逐艦」は開発されていなかった。
  3. ^ Édité chez Berger-Levrault, en 1882. Ce texte est très court, 38 pages.

参考資料[編集]

  • Michel Depeyre, Entre vent et eau, un siècle d'hésitations tactiques & stratégiques 1790-1890, Economica, Paris 2003. ISBN 2-7178-4701-4
  • Rémi Monaque, L'amiral Aube, ses idées, son action, in L'évolution de la pensée navale (dir. Hervé Coutau-Bégarie), P. 133 & s., Economica, 1994.
  • Martin Motte, Une éducation géostratégique: la pensée navale française de la Jeune École à 1914, Paris, Economica, 2004.
  • Paul Baquiast, la Jeune École de la Marine française, la presse et l'opinion publique, mémoire de DEA sous la direction du professeur Jean Meyer, Paris IV, 1987.
  • M. Vergé-Franceschi (dir.), Dictionnaire d'Histoire maritime, 2002, Robert Laffont, Bouquins 2-221-08751-8.
  • Volkmar Bueb, Die "Junge Schule" der französischen Marine. Strategie und Politik 1875-1900, Harald Boldt Verlag, Boppard am Rhein 1971. En: Militärgeschichtliches Forschungsinstitut (Editeur): Wehrwissenschaftliche Forschungen, Département Militärgeschichtliche Studien, Volume 12. (En allemand avec des citations en français. Le titre veut dire : « La Jeune École » de la marine française. Stratégie et politique entre 1875 et 1900 3-7646-1552-4. « ... la seule étude vraiment exhaustive du sujet » selon Francois-Emmanuel Brézet). Le livre est épuisé. Seulement dans les bibliothèques scientifiques.

外部リンク[編集]