テオドール・シュワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テオドール・シュワン

テオドール・シュワン(Theodor Schwann, 1810年12月7日 - 1882年1月11日)はドイツ生理学者、医師。組織学細胞学研究で知られる。

シュワンはドイツのノイスに生まれ、ベルリンヨハネス・ペーター・ミュラーの元で医学を学ぶ。1836年動物組織から最初の酵素ペプシンを発見した。

1838年に、ベルギーのルーバン大学の教授となり、その10年後にリエージュ大学の教授となった。彼は、デンプン発酵や、筋肉の特性と働き、神経細胞の研究を行った。後に、シュワン細胞と呼ばれる細胞を発見した。彼は生物における化学的過程を意味する代謝 (metabolism) という用語を作り出した。彼は一つの卵細胞から個体発生を観察し、発生学の基礎を確立した。マティアス・ヤコブ・シュライデンとともに細胞説の創設者としても知られる。