テイ・ディグス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テイ・ディグス
本名 Scott Diggs
生年月日 1971年1月2日(43歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ロチェスター
ジャンル 俳優
活動期間 1996年 - 現在
活動内容 ミュージカル映画
配偶者 イディナ・メンゼル (2003年1月11日 - 2013年)
主な作品
レント』(ベンジャミン・コフィン3世)

テイ・ディグスTaye Diggs, 1971年1月2日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ロチェスター出身の俳優である。

人物・来歴[編集]

ディグスは、ニューヨーク市ブルックリンで長男として生まれ(下に弟と妹が2人ずついる)、ニューヨーク州北部のロチェスターで育った。ロチェスターのスクールオブアーツ高校で舞台演劇を学んだ後、シラキューズ大学の視覚舞台芸術科に進学、ミュージカル演劇専攻で学士号を得ている。

デビュー作はミュージカル『回転木馬』の地方公演。

1996年、ジョナサン・ラーソン『レント』でベニー役にキャスティングされ、同作がトニー賞ピューリッツァー賞を受賞する大ヒット作となったことが出世のきっかけとなる。以後数多くのテレビや映画に出演した。

日本では『アリー my ラブ』第4シーズンにレギュラー出演していたセクシーな弁護士役でお馴染み。『ザ・ホワイトハウス』第4シーズンでも、シークレットサービス役でゲスト出演していた。『ふたりは友達? ウィル&グレイス』の最終シーズンではウィルの恋人役でセミレギュラー出演していた。

私生活ではミュージカル『レント』で共演したイディナ・メンゼルと7年越しの大恋愛を実らせ2003年1月11日に結婚。2009年に男児をもうけている。2013年、メンゼルと離婚[1]。「サミー・デイヴィス・ジュニア」という犬と、「エラ」と「コルトレーン」という猫を飼っている。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

  • 『ステラが恋に落ちて』 How Stella Got Her Groove Back (1998)
  • goGo (1999)
  • 『ソウル・メイト』 The Wood (1999)
  • 『ベストマン』 The Best Man (1999)
  • TATARI タタリHouse on Haunted Hill (1999)
  • 『誘拐犯』 The Way of the Gun (2000)
  • ベスト・フレンドNew Best Friend (2002)
  • 『はじまりはキッスから』 Just a Kiss|Just a Kiss (2002)
  • 『ブラウン・シュガー』 Brown Sugar (2002)
  • リベリオンEquilibrium (2002): ブラント (同僚の隊員) 役
  • シカゴChicago (2002): バーテンダー (司会者) 役
  • 閉ざされた森Basic (2003)
  • 『お坊ちゃまはラッパー志望』 Malibu’s Most Wanted (2003)
  • (日本劇場未公開) Drum (2004)
  • 『ヘザー・グラハム in おいしいオトコの作り方』 Cake (2005)
  • レントRent (2005): ベニー (家主) 役
  • ダウトSlow Burn (2007)

テレビ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Nudd, Tim (2013年12月11日). “Taye Diggs & Idina Menzel Split”. People. 2013年12月11日閲覧。

外部リンク[編集]