テイロレラ・エクイジェニタリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Taylorella equigenitalis
分類
ドメイン : 真正細菌
Bacteria
: プロテオバクテリア門
Proteobacteria
: βプロテオバクテリア綱
Betaproteobacteria
: バークホルデリア目
Burkholderiales
: アルカリゲネス科
Alcaligenaceae
: テイロレラ属
Taylorella
: T. エクイジェニタリス
T. equigenitalis
学名
Taylorella equigenitalis
(Taylor et al. 1983)
Sugimoto et al. 1984

Taylorella equigenitalisテイロレラ・エクイジェニタリス)とはテイロレラ属に属するグラム陰性好気性桿菌であり、ウマの疾病である馬伝染性子宮炎の原因となる。ユーゴンチョコレート寒天培地における炭酸ガス培養により4日から2週間の培養で灰白色の露滴状のコロニーを形成する。Taylorella equigenitalisの付着線毛は病原性に関与する。テイロレラ属菌は最初はヘモフィルス属に分類されていたが、1984年に独立した属に分類された。

参考文献[編集]

  • 見上彪監修 『獣医感染症カラーアトラス』 文永堂出版 2006年 ISBN 4830032030