テイク・ファイヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Take Five
デイブ・ブルーベック・カルテット の シングル
収録アルバム タイム・アウト
リリース 1959年
規格 7インチレコード
録音 1959年
ジャンル ジャズ
時間 5:28 (album version)
2:55 (single edit)
レーベル コロムビア・レコード
作詞・作曲 ポール・デスモンド
プロデュース テオ・マセロ
テンプレートを表示

"テイク・ファイブ "はポール・デスモンド作曲、デイブ・ブルーベック・カルテット演奏の、1959年のアルバム『タイム・アウト英語版』に収録されたジャズ曲である。 ニューヨーク市にあるコロムビアの30丁目スタジオ(CBS 30th Street Studio)で、1959年6月25日、7月1日、8月18日に録音され[1]この曲はグループの最も有名なレコードになった。 独特で覚えやすいサキソフォンのメロディと創造的で力強いドラムソロ、曲名の由来にもなった、珍しい5/4拍子の使用で有名である。[2] この曲の初演は、1959年、デイブ・ブルーベック・カルテットがニューヨーク市のヴィレッジ・ゲイトナイトクラブ英語版でライブ演奏したときである。Eフラットマイナーのキーで演奏され、その独特のEフラットマイナーブルースのリックとEフラットマイナーBフラットマイナージャンプコード進行が特徴である。[3]

このようなスタイルの音楽のヒントを得たのは、ブルーベックが、米国務省主催のユーラシア大陸ツアー中に、 トルコブルガリア音楽の影響を受けたストリートミュージシャングループが演奏するトルコの伝統的な民謡が、西洋の音楽には珍しい9/8拍子で演奏されるのを見たときである。地元のオーケストラの音楽家からこの形式を学んだ後、ブルーベックはジャズの4/4の通常のリズムから外れて、海外で経験した、よりエキゾチックなスタイルで実験的アルバムを作成することとなった。 [4]

「テイク・ファイブ」は5 拍子を使用する最初のジャズ曲ではなかったが、米国ではじめて主流となる重要性を達成した曲の1つであり、発表の2年後、1961年にBillboard Hot 100で25位、ビルボードのイージーリスニングチャートで25位となった。

"テイク・ファイブ"はデイブ·ブルーベック·カルテットによりグループの活動中に何度も再録音されライブ演奏が行われた。また、多くのカバー曲がある。デイヴ・ブルーベックと妻アイオラによる歌詞でカーメン・マクレエのボーカルによって1961年録音されたものがある。アル・ジャロウは、1976年にドイツで曲の珍しいスキャットバージョンを演奏した。

"テイク・ファイブ"は、数え切れないほどの映画、テレビのサウンドトラック、そして、今も多くのラジオ局でかかっている。60年代始めのNBCの "Today" 番組でテーマ局として数年使用され、コーナーの開始時に1日に5回ほどかかっていた。

1977年デスモンドは彼の死に際して、「テイク・ファイブ」を含む曲の著作権を アメリカ赤十字に寄贈した。それにより赤十字は1年に10万ドルのロイヤリティを受け取ることとなった。[5]

メンバー[編集]

その他[編集]

日本では、1980年代後半に「アリナミンV」(武田薬品工業)のCMで使用されたことがある。

日本のフィギュアスケート選手の村主章枝が2007年度、小塚崇彦が2008年度のショートプログラムで使用した。

作曲者のポール・デスモンドは、1963年に、自身のリーダー作としてアンサー・ソング「テイク・テン(Take Ten)」を発表している。

主なカバー[編集]

  • 1962 – Swedish singer Monica Zetterlund
  • 1962 – French singer Richard Anthony ("Ne boude pas")
  • 1963 – Antonio Diaz "Chocolate" Mena (Eso Es Latin Jazz ... Man

!)

脚注・出典[編集]

  1. ^ CD Universe”. CD Universe. 2011年1月18日閲覧。
  2. ^ Take "Time Out" for Dave Brubeck. by Andrea Canter, 20 May 2008”. Jazzpolice.com (2008年5月20日). 2011年1月18日閲覧。
  3. ^ Hughes, Mary (1 November 2009). Biting Nixie. Samhain Publishing. p. 280. ISBN 978-1-60504-437-8. http://books.google.com/books?id=WqdGm2YeZCMC&pg=PA280 2013年6月17日閲覧。. 
  4. ^ Kaplan, Fred (2009). 1959: The Year that Changed Everything. John Wiley & Sons. pp. 130–131. ISBN 978-0-470-38781-8. 
  5. ^ Doyle, Brian (2004). Spirited Men: Story, Soul & Substance. Lanham, MD: Cowley Publications. p. 90. ISBN 1-56101-258-0. 
  6. ^ Deda, Edmond(1968)。Parada muzicii uşoare româneşti , Musical Publishing House, Bucharest. p. 17
  7. ^ Foss, Richard. “Review”. All Music Guide. 2012年12月6日閲覧。
  8. ^ Reference Point overview”. Allmusic.com. 2010年7月21日閲覧。
  9. ^ The String Cheese Incident”. The String Cheese Incident. 2011年1月18日閲覧。
  10. ^ Dancing Fantasy overview”. Allmusic.com. 2010年7月21日閲覧。
  11. ^ Take Five”. Sachal Studios Orchestra. 2011年6月9日閲覧。
  12. ^ “JUJU 初の連続ドラマ出演が決定! 唐沢寿明主演『TAKE FIVE』にジャズシンガー役として登場! ドラマタイトルにもなっている「Take Five」を 劇中歌として歌唱!”. TBSホット情報 (TBSテレビ). (2013年4月5日). http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201304051222.html