テイキング・ライブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テイキング・ライブス
Taking Lives
監督 D・J・カルーソー
脚本 ジョン・ボーケンキャンプ
原作 マイケル・パイ
『人生を盗む男』
製作 マーク・キャントン
バーニー・ゴールドマン
製作総指揮 ブルース・バーマン
デヴィッド・ハイマン
ダナ・ゴールドバーグ
出演者 アンジェリーナ・ジョリー
イーサン・ホーク
音楽 フィリップ・グラス
撮影 アミール・モクリ
編集 アン・V・コーテス
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年3月16日
日本の旗 2004年9月11日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
言語 英語
製作費 $45,000,000[1]
興行収入 $65,470,529[1]
テンプレートを表示

テイキング・ライブス』(Taking Lives)は、2004年に制作されたアメリカ映画。原作はマイケル・パイの1999年の小説『人生を盗む男』。

2008年3月9日テレビ朝日系『日曜洋画劇場』にて地上波初放送した際、『テイキング・ライブス 他人を生きる殺人犯』というサブタイトルが追加された。

ストーリー[編集]

1983年、カナダ。マーティン・アッシャーという一人の少年が家を出た。数日後、母親のもとに彼が交通事故で死亡したという知らせが届く。

それから20年以上が経過した現在、モントリオールの建設現場で白骨化が進んだ死体が発見される。モントリオール警察のルクレアはFBIに捜査協力を要請、特別捜査官イリアナ・スコットが派遣されてくる。イリアナは殺人現場と死体、あるいは現場の写真だけで犯人像を分析するプロファイリングの専門家だった。

死体が発見された現場に横たわり、犯人像を絞り込むイリアナ。徐々に捜査は進展するが、その矢先第二の殺人事件が発生する。イリアナはこの事件の目撃者、ジェームズ・コスタを尋問するのだが、一方で「19年前に死んだはずの息子を、今日目撃した」という老婦人アッシャー夫人が現れた。

そして、イリアナは、マーティン・アッシャーが、次々に人々を殺して、そのアイデンティティを乗っ取っていて、彼の次の目標が、コスタらしいと推理する。警察は、その推理に従い、コスタに協力してもらって、コスタを餌に、アッシャーを捕らえようとする。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD版 TV版
イリアナ・スコット捜査官 アンジェリーナ・ジョリー 原千果子 朴ロ美
ジェームズ・コスタ イーサン・ホーク 内田夕夜 宮本充
ハート キーファー・サザーランド 清水明彦 小山力也
アッシャー夫人 ジーナ・ローランズ 有田麻里 小宮和枝
パーケット オリヴィエ・マルティネス 宮内敦士 東地宏樹
ルクレア チェッキー・カリョ 佐々木敏 佐々木梅治
デュヴァル ジャン=ユーグ・アングラード 御友公喜 田原アルノ
少年時代のマーティン ポール・ダノ 浪川大輔

参考文献[編集]

  1. ^ a b Taking Lives (2004)”. Box Office Mojo. 2011年8月5日閲覧。

外部リンク[編集]