ティール (オランダ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティール
Gemeente Tiel
ティールの市旗 ティールの市章
基礎自治体旗 基礎自治体章
位置
の位置図
座標 : 北緯51度53分09秒 東経5度26分07秒 / 北緯51.885707度 東経5.435212度 / 51.885707; 5.435212
行政
オランダの旗 オランダ
 (Provincie) ヘルダーラント州の旗 ヘルダーラント州
 基礎自治体 ティール
地理
面積  
  基礎自治体域 34.84 km2
    陸上   32.28 km2
    水面   2.56 km2
人口
人口 (2008年現在)
  基礎自治体域 41,096人
    人口密度   1,273人/km2
その他
等時帯 CET (UTC+1)
夏時間 CEST (UTC+2)
公式ウェブサイト : http://www.tiel.nl/

ティールオランダ語Tiel)は、オランダヘルダーラント州にある基礎自治体ヘメーンテ)。ライン川下流のワール川に面しており、同川から分岐してユトレヒトを経由してアムステルダムまで開削されたアムステルダム・ライン運河の起点にあたる。ここに町が造られたのは、5世紀頃であると言われている。

ベテゥベ地域の中心都市であり、オランダ国内で、リンゴや洋ナシ、桃やさくらんぼ等の果実の大生産地の一つである。有名な果実ジャムの生産メーカーであるDe Betuweがティールに工場を持っていたが、1993年に工場はブレダに移転した。現在ではジャム博物館とフリッペ像が残るのみである。また、かつてはピューター(金属製品の一つ)の生産でも有名であり、ピューター博物館があるとともに、2004年に一旦閉鎖された最後のピューター工場が現在でも操業を続けている。

この街は、オランダで最も古く成立した街の一つであり、かつてはリンヘ川沿いにあり、9世紀にドレスタット交易連合が崩壊するまでの中世初期において、重要な交易都市として栄えていた。その後、中世後期にはハンザ同盟に加盟している。この街はまた、2つの大きな教会があることでも有名で、そのうちの一つはドイツ騎士団に属した参事会管理教会を起源とするシント・ワルブルフ教会である。なお、旧市街は第二次世界大戦時にかなりの部分が破壊されており、現存していない。

毎年9月の第2日曜日には、ティールの収穫祭と呼ばれるベテゥベ地域の果実収穫を祝う祭りが行われ、果実が飾り付けられたフロートによるパレードが行われることでも有名である。同じ週の週末にはワール川河畔で音楽祭(Appelpop)が開かれる。

交通[編集]

道路
  • 高速道路A15が自治体内を通過している。
鉄道

オランダ鉄道のティール駅は、ユトレヒトアーネムを結ぶ支線の中間に位置し、ユトレヒト行きおよびアーネム行きが1時間に2本運行されている。各駅停車でユトレヒトまでの所要時間は約40分である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯51度53分09秒 東経5度26分07秒 / 北緯51.885707度 東経5.435212度 / 51.885707; 5.435212