ティールマン・スザート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ティールマン・スザート(Tielman Susato、或いはTylman Susato, 1500年頃 - 1562年頃)は、ルネサンス期作曲家であり、アントウェルペンにおける器楽奏者、出版業者である。彼の誕生の地は不明だが、一部の研究者は、彼の名前の「スザート」が「ゾーストの」を意味していることから、彼がヴェストファーレンゾースト出身かもしれないと主張している。

若い頃の彼についてはあまり明らかになっていないが、1530年頃より、アントウェルペンに於ける様々な歴史的文書の記述に器楽奏者(彼はトランペットフルートテナーパイプを所有していた。)であると同時にカリグラファーとしての姿を現し始める。1543年から死ぬまで彼は楽譜出版者として働き、オランダにおける最初の音楽出版社を創立した。それ以前は、出版は主にイタリアフランスドイツで行われていた。それから間もなくルーヴェンピエール・ファレーズと同じくアントウェルペンのクリストファー・プランタンが加わり、ネーデルランドはその地方に於ける音楽出版の中心地となった。スザートは楽器商も営んでいた可能性がある。彼は幾度か他の出版業者と組合を形成しようと試みたが、全て失敗に終わった。彼の死後、1561年から1564年の間で、時折彼の息子はその出版業を受け継いでしていたが、1564年に亡くなった。

彼は熟達した作曲家でもあった。彼はいくつかのミサ曲モテット(それらは当時の典型的な模倣的な対位法で書かれた)の曲集を執筆、出版した。彼は、子供やアマチュアの歌い手向けのシャンソン集(二声か三声ほどで書かれている)も2つ書いた。