ティーナ・マリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ティーナ・マリー(Teena Marie, 1956年3月5日 - 2010年12月26日[1])は、アメリカ合衆国ファンクおよびソウルミュージシャン。「レディ・ティー」(Lady T(ee))や「白きソウルの女王」(Ivory Queen of Soul)の呼称で知られる。血液型はO型。

人物[編集]

カリフォルニア州サンタモニカで生まれる。

モータウンリック・ジェームスのバックアップを得てデビューする。ソングライティングの能力を伸ばし、"Lovergirl"(ビルボードHOT100最高位4位)、"Ooh La La"等のヒットを飛ばした。ブルー・アイド・ソウル の中ではブラックコミュニティーで最も支持されてきたアーティストである。

近年ヒップホップ系アーティストから再評価の機運が高く、数々の客演をこなす。更にはヒップホップ系のキャッシュ・マネーレーベルと契約。リリースしたアルバムはビルボードトップ10入りする等、第2の全盛期を迎えていた。

2010年12月26日、カリフォルニア州の自宅で死去しているのが見つかった。54歳没[1]

ディスコグラフィ(ソロ)[編集]

脚註[編集]

外部リンク[編集]