ティートマール1世 (マイセン辺境伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ティートマール1世(Thietmar I., ? - 979年以後)は、マイセン辺境伯970年 - 979年)。メルゼブルク辺境伯でもあった。

ビルング家出身のザクセン公ヘルマン・ビルングの娘ズアンヒルデ・フォン・ザクセン(1014年11月26日没)と結婚した。

ティートマールの死後、ズアンヒルデは、1000年エッケハルト1世と結婚した。

外部リンク[編集]

(ドイツ語版の外部リンクとして挙げられているものであり、日本語版の作成に直接参照はしておりません)

先代:
ヴィクベルト
マイセン辺境伯
970年 - 979年
次代:
ギュンター