ティルトウイング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ティルトウィング (tiltwing) とは、垂直(短距離)離着陸のための手法のひとつ。主翼をエンジンポッドごと機体に対して傾ける(ティルトする)こと。ローターのみ傾けるタイプの機体はティルトローターという。

構造[編集]

ティルトウィングを装備した航空機は、外見はプロペラ機に似ているが、主翼の角度を変えることで垂直上昇ができる。上昇後は、主翼を前方に傾けてターボプロップ機として飛行する。

利点・欠点[編集]

ティルトローターに比べVTOLモード時にダウンウォッシュを受けないという利点がある。

反面STOLモードでは迎え角が大きいため抗力も大きくなり、また全般的に風の悪影響を受けやすいといった欠点がある。

採用機種例[編集]

関連[編集]