ティモフェイ・ベログラツキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チモフェイ・ビェログラツキーロシア語: Тимофей Белоградский / Timofei Belogradskii、1700年頃から1710年頃 – 1760年以降(1782年?))はウクライナ出身のリュート奏者・バンドゥーラ奏者・声楽家作曲家サンクトペテルブルクケーニヒスベルクで活躍した。ウクライナでは、ティモフィイ・ビロフラードシクィイウクライナ語: Тимофій Білоградський / Tymofii Bilohrads'ky)として知られる。

概要[編集]

生い立ちについてはほとんど知られていない。チェルカースィ近郊で生まれたと考えられており、ウクライナ時代にコブザリュートの演奏を学んだらしい。優れた声質にも恵まれ、1725年サンクトペテルブルクに招かれて帝室礼拝堂の歌手も務めた。

1733年に女帝アンナ・イヴァノヴナによって、ロシア大使カイザーリンク伯爵随行員としてドレスデンに派遣される。同地では、18世紀で最も重要なリュート音楽の作曲家であった、ジルヴィウス・レオポルト・ヴァイスの薫陶を得た。一方で声楽ファウスティーナ・ハッセと、カストラート歌手アンニバリに師事している。結果としてベログラツキーは、ロシア宮廷楽団の中で最高の訓練を積んだ楽師の一人となった。

1739年にサンクトペテルブルクに戻ると宮廷楽師として活動を続けた。アンナが崩御すると伯爵ハインリヒ・フォン・ブリュールに仕え、1741年にドイツに舞い戻ってヴィルトゥオーゾのリュート奏者として名を揚げた。一時期ケーニヒスベルクにも滞在して(有名な作曲家の父親ヨハン・ライヒャルトや、疾風怒濤期の哲学者ヨハン・ゲオルク・ハーマンなど)数々の門弟を集めた。

最晩年はサンクトペテルブルクに過ごし、女帝エリザヴェータ・ペトロヴナの宮廷に仕えた。

作曲家としては、アレクサンドル・スマロコフの詩による歌曲集が名高い。この曲集は、18世紀にはかなりの好評を博し、現在では、ロシア音楽の独自の発展の始まりに位置づけられている。

エリザヴェータは、サンクトペテルブルク宮廷歌劇場のオペラ歌手として名を馳せた。

参考文献[編集]

  • Hugo Rieman et al. (Hgg.): Riemann Musik Lexikon. Bd. I. Schott, Mainz 1959, S. 136.
  • Marina Ritzarev: Eighteenth-century Russian Music. Ashgate, Aldershot 2006, S. 39 und 56.

外部リンク[編集]