ティベリウス・シルウィウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティベリウス・シルウィウス
Tiberinus Silvius
ラテン王
在位 B.C924-916
別号 アルバ王
死去 紀元前916年
継承 アグリッパ・シルウィウス
父親 カペートゥス
テンプレートを表示

ティベリウス・シルウィウスTiberinus Silvius)はローマ神話に登場する伝説上の王で、カペートゥスの子、アグリッパの父。

伝承[編集]

リヴィウスによれば、ティベリウスの時代、七つの丘の周辺と北方のエトルリア人との国境にアルブラという川があった。これを渡ろうとした時にティベリウスは水に飲み込まれて命を落とし、以来ラテン人達はこの川をティヴェレ川と呼ぶようになった(王が生まれる前からティヴェレ川という名前で知られていたという伝承もある)。死後、ティベリウス王は川の精霊ティヴェリヌスに転生したと信じられ、ヴォルトゥルヌスという祝祭にて崇拝された[1]

ティベリウスの跡目は息子アグリッパが継承したが、その末裔がローマの建国者ロームルスとレムスであった[2]ロームルスの伝承では川に流された双子を救ったのは、精霊ティヴェリヌスとなったティベリウスであったという。

多くの学者は、ティベリウス王の伝承はティヴェレ川という名が成立してからの事であり、逆にティヴェレ川から伝承が生み出されたと考えている。ラテン人の人名チベリウスも同様に川の名から生まれたと考えられるが、チベリウスはもしかしたらティベリウスという人名の原型であったかも知れない。サビニ人の都市ティヴォリとの関連を考える論者もいる[3]

家系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ファウヌス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンキーセース
 
アプロディーテー
 
ラティヌス(1)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレウーサ
 
アエネーイス(2)
 
 
ラヴィニア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アスカニウス(3)
 
シルウィウス(4)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シルウィウス?
 
 
アエネーイス・シルウィウス(5)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブルータス
 
 
ラティヌス・シルウィウス(6)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルバ・シルウィウス(7)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アテス(8)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カペス(9)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カペートゥス(10)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ティベリウス・シルウィウス(11)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アグリッパ・シルウィウス(12)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルディウス(13)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アヴェンティヌス(14)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロカス(15)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヌミトル(16)
 
アムリウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レア・シルヴィア
 
マールス(=アレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘルシリア
 
ロームルス(17)
 
レムス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アウィッリウス

引用[編集]

  1. ^ Titus Livius, Ab Urbe Condita, book I
  2. ^ Titus Livius, Ab Urbe Condita, book I
  3. ^ George Davis Chase, "The Origin of Roman Praenomina", in Harvard Studies in Classical Philology, vol. VIII (1897)

関連項目[編集]