ティファニーで子育てを

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ティファニーで子育てを』(The Nanny Diaries)は、エマ・マクローリンニコラ・クラウスによる2002年発刊のアメリカ合衆国の小説。日本語版は2003年2月8日文藝春秋より発行。

内容[編集]

子守(Nanny/ナニー)のアルバイトをする大学生のナンを通して、マンハッタンに住む上流家庭の人々の子育てを描いた作品である。主な登場人物として、ナンの雇い人のミセスX、その夫のミスターX、子守の対象となる4歳児のグレイヤーX。

書誌情報[編集]

映画化[編集]

シャリ・スプリンガー・バーマン&ロバート・プルチーニの監督コンビによって映画化(邦題『私がクマにキレた理由』)もされ、2007年にアメリカで公開された。主人公にスカーレット・ヨハンソン、ミセスXにローラ・リニー、ミスターXにポール・ジアマッティ、他クリス・エヴァンスアリシア・キーズなどが出演している。

外部リンク[編集]