ティニーシャ・ケリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティニーシャ・ケリー
基本情報
出生名 Tynisha Keli Soares
出生 1985年7月28日(29歳)
マサチューセッツ州フォールリバー
出身地 マサチューセッツ州ニューベッドフォード
ジャンル ポップ・ミュージックR&B
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1999年 - 現在
レーベル MCAレコードワーナー・ブラザーズ・レコード
共同作業者 コーナ・ボーイズ

ティニーシャ・ケリー・ソアーレス(Tynisha Keli Soares、1985年7月28日- )は、アメリカのポップR&B歌手。マサチューセッツ州フォールリバーで生まれ、ニューベッドフォードで育った。

母国よりも日本で成功している。彼女のデビューアルバム『クロニクル・オブ・TK』は2009年に日本先行リリースされた。同アルバムは日本のチャートで最高15位を記録し、アルバムからシングルカットされた『シャタード』は日本のビルボードチャートHot100で最高6位に入った。代表曲はリコ・ラブがプロデュースした『アイ・ウィッシュ・ユー・ラヴド・ミー』(2007年)。

生い立ち[編集]

幼くして父親を亡くしたため、兄弟の面倒は彼女が見ており幼少期は大変苦労した。その中で唯一の心の支えが音楽で母親が聴いていたルーサー・ヴァンドロスジョディシィテヴィン・キャンベルなどのソウル・ミュージックやR&Bを聴き、音楽で感情を表現できると思い歌手を志す。

経歴[編集]

1999年 - 2002年[編集]

1999年にニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックのメンバーであったスコット・ロスと出会い彼の下でキャリアを開始する。2002年にガールズ・ポップ・グループガールズ・ソサエティのメンバーとしてMCAレコードからデビュー。しかし、R&B色の強い作品を望んだ彼女とグループの方向性の違いから次第にソロ活動を開始する。

2002年 - 現在[編集]

自ら立ち上げたMySpace上にアップしたコーナボーイズプロデュースによる『アイ・ウィッシュ・ユー・ラヴド・ミーI Wish You Loved Me)』がラジオ局のディレクターの耳にとまり、ラジオチャートの上位に食い込む。これがきっかけでソングライター兼音楽プロデューサーのカーラ・ディオグラディの目に留まり、彼女がワーナー・ブラザーズのA&R部門のトップでもあったことから、ワーナー・ブラザーズと契約する[1]

2009年、デビューアルバム『クロニクル・オブ・TKThe Chronicles Of TK)』をリリース。3月7日に初来日し、渋谷O-EASTで行われたイベント「HOLLA! MUSIC JAM」などに出演。日本では4月に先行リリースされたが、CDデビュー前に着うたが1位を獲得していたことが話題を集めた[1]。日本盤のCDジャケットではファッションモデル佐々木希が衣装やアクセサリーを選んだ[2]


同年齢の日本の女性歌手、BENIとコラボレーションし、ブランディ&モニカ1997年のヒット曲『ザ・ボーイ・イズ・マイン』をカバー。それぞれがメインを務める2バージョンが制作され[2]、ケリー版は8月5日から着うたで配信される。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  1. クロニクル・オブ・TK - The Chronicles Of TK(2009年)
  2. ザ・フィフス・エレメント - The 5th Element(2010年)

シングル[編集]

  1. アイ・ウィッシュ・ユー・ラヴド・ミー(2007年)
  2. シャタード(2009年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “アーティスト特集|ティニーシャ・ケリー”. OnGen. http://www.ongen.net/international/artist/feature/tynisha_keli090422/index.php 
  2. ^ a b “BENI、ティニーシャ・ケリーとのコラボ曲を発売決定”. オリコン. (2009年7月30日). http://www.oricon.co.jp/news/music/68073/ 

外部リンク[編集]