ティトゥ・クシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ティトゥ・クシ: Titu Cusi, 西: Don Diego de Castro Titu Cusi Yupanqui, ケチュア語: Titu Kusi Yupanki, ? - 1571年, 在位:1560年-1571年)は、名目上インカ帝国皇帝である。

概要[編集]

父はマンコ・インカ・ユパンキManku Inka Yupanki)。兄弟にサイリ・トゥパックSayri Tupaq)、トゥパック・アマルTupaq Amaru)らがいる。

以前に、インカ帝国はフランシスコ・ピサロによって征服されているが、新しい「ビルカバンバ(Vilcabamba)のインカ帝国スペイン語版英語版」の首都を拠点にスペインに抵抗を続けていた。その後、スペインとの折衝によって洗礼されたにもかかわらず、主権を持するように求め、1570年にスペインのフェリペ2世に国民の受けた苦しみを表現する手紙を書いた(Relación de cómo los españoles entraron en Pirú y el subceso que tuvo Mango Inca en el tiempo que entre ellos vivió)。1571年5月、天然痘で死去。

参考文献[編集]

  • Titu Cusi Yupanqui, "An Inca Account of the Conquest of Peru", ISBN 0-87081-821-X
  • ティトゥ・クシ・ユパンギ「インカの反乱―被征服者の声」岩波文庫 (1987), ISBN 4-00334-441-3
先代:
サイリ・トゥパック
サパ・インカ
1560年 - 1571年
次代:
トゥパック・アマル