ティトゥス・ユニウス・ブルトゥス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リクトルによって連行されるティトゥス

ティトゥス・ユニウス・ブルトゥスラテン語: Titus Junius Brutus、? - 紀元前509年頃)は、共和政ローマ初期の人物。共和政の創始者ルキウス・ユニウス・ブルトゥスの息子であり、弟には終生兄と行動をともにしたティベリウスがいた。

父ルキウスがローマ王タルクィニウス・スペルブスを追放、王政を廃止し元老院を中心とする共和政を創設する。しかし息子ティトゥスは追放されたタルクィニウス一派と結託、設立したばかりの共和政の打倒を目論む。

彼の陰謀は明るみに出て、父ルキウスの命令で処刑された。