ティショミンゴ・ブルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ティショミンゴ・ブルース(Tishomingo Blues)はスペンサー・ウィリアムズが作曲した有名な歌で、1917年に最初に出版された。曲名はミシシッピ州ティショミンゴ郡ティショミンゴという町を指すが、オリジナルの楽譜のカバーにはメキシコの風景が描かれている。

オリジナルの歌詞は次の通り:

ファースト・ヴァース

Oh, Mississippi,
Oh, Mississippi,
My heart cries out for
You in sadness,
I want to be where
The wintry winds don't blow,
Down where the southern
Moon swings low,
That's where I want to go.

コーラス

I'm goin' to Tishomingo,
Because I'm sad today,
I wish to linger,
Way down old Dixie way.
Oh, my weary heart cries out in pain,
Oh, how I wish that I was back again,
With a race,
In a place,
Where they make you welcome all the time.
Way down in Mississippi,
Among the cypress trees,
They get you dippy,
With their strange melodies,
To resist temptation,
I just can't refuse,
In Tishomingo
I wish to linger,
Where they play the weary blues.

セカンド・ヴァース

Tonight I'm prayin',
Tonight I'm sayin',
Oh Lord please take the
Train that takes me,
To Tishomingo,
'Way down old Dixie way,:
Where southern folks are
Always gay,
That's why you hear me say.

この曲はジャズのスタンダードになり、歌ができた頃から21世紀に至っても何度も録音され続けている。

ナショナル・パブリック・ラジオの多くのリスナーはこの曲に親しんでいるが、曲名を知らない。『プレーリー・ホーム・コンパニオン』のテーマ・ソングとして使われていて、毎週違った歌詞で歌われているためである。