ティサ・カールマーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にカールマーン・ティサと表記することもあります。
ティサ・カールマーン / 1894年の肖像画

ティサ・カールマーンハンガリー語: Tisza Kálmán1830年12月16日1902年3月23日)は、19世紀ハンガリー貴族政治家オーストリア=ハンガリー二重帝国のもとでのハンガリー王国首相を務め、15年間にわたる保守系長期政権を実現した。ドイツ名カロマン(もしくはカールマーン)・ティサKoloman (Kálmán) Tisza von Borosjenő et Szeged

経歴[編集]

1830年、ハンガリー東部・ベーケーシュ県Gesztプロテスタント系の大地主貴族ティサ家に生まれる。1848年ハンガリー革命では、若くしてバッチャーニ内閣の宗教・公教育相に就任したが独立戦争の敗北により国外に亡命した。

その後帰国して1861年には国会議員になった。プロテスタントの家に育ったティサはハプスブルク王家に対する反感が強く、現実路線を取りアウスグライヒを推進する自由主義者デアーク・フェレンツとは対立していたが、その後アウスグライヒ支持に転向し、1875年デアークらの「デアーク党」と合同して自由党を結成、同党はその後長くハンガリー王国議会で多数派の地位を守った。同年10月20日にハンガリー王国首相に任命され、デアーク没後のハンガリー政治を領導した。

彼は大地主貴族を支持基盤とし、二重帝国期では最長となる保守派政権を15年にわたって維持したが、その基本政策はアウスグライヒ体制を維持することによって、ハンガリーの利益を最大限引き出すことであった。例えばオーストリアとの共通関税制度においては、農業国ハンガリーがオーストリアとの共通関税制度を通じて、高関税によって帝国内に自国の農産物の市場を確保するとともに、外国産農作物の流入から自国農業(ひいては地主貴族の利益)を守ろうとした。また同時に、軍隊内におけるハンガリー語ドイツ語の対等性を実現しようとしたが大きな成果を上げることはできなかった。その一方で国内では非ハンガリー語地域に対してハンガリー語教育義務化を通じて同化政策を進め、スロヴァキア語による啓蒙文化運動を弾圧した。さらに社会主義者や労働者の運動に対しても弾圧が加えられた。

1890年に首相を辞任した後、1902年ブダペストで死去。子のイシュトヴァーンもハンガリーの首相を二度にわたり務め、父が引退した後のハンガリー政治を指導した。

関連項目[編集]

  • エドゥアルト・ターフェ - チェコ系(ティロル系)の保守系政治家でティサと同時期にオーストリア首相を務め、長期政権を実現した。

参考文献[編集]

事典項目
単行書


先代:
ヴェンクハイム・ベーラ
ハンガリー王国首相
1875年〜1890年
次代:
サパーリ・ジュラ
Central-Europe-map.png この「ティサ・カールマーン」は、中央ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 中央ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ