ツヴィ・カリシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツヴィ・カリシャー

ツヴィ・ヒルシュ・カリシャーZwi (Zevi) Hirsch Kalischer1795年3月24日 - 1874年10月16日)は、プロシアポーランド)のタルムード学者で、ドイツにおけるシオニズム運動の先駆者。ポーゼン管区リッサ(現レシュノ)で生まれ、トルン(トルニ)で亡くなった。

正統派ユダヤ教徒のうちで、旧来のようにひたすらメシアを待つのではなく、積極的にパレスチナへの移住(シオンへの帰還)を実現すべきであると新たに説いた。実行のために1836年の手紙で、知己である二代目アムシェル・ロスチャイルドに、イェルサレムの地を時のオスマン帝国の君主マフムト2世から買い取るよう提案した。

1860年トルン(現ポーランドのヴィスワ川流域の都市(ワルシャワの北西))にある自宅で集会を開き、それに基づいて1862年に出された「シオンを求めて」は、同年出版されたモーゼス・ヘスの「ローマとエルサレム」と共に、シオニズム運動の成立に大きな影響を与えた。翌1863年には、「パレスチナへのユダヤ人の殖民のための中央委員会」を設立。

外部リンク[編集]