ツルボ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツルボ属
Scilla siberica0.jpg
シラー・シベリカ(Scilla siberica
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: クサスギカズラ目 Asparagales
: クサスギカズラ科 Asparagaceae
亜科 : ツルボ亜科 Scilloideae
: ツルボ属 Scilla L.
  • 本文参照

ツルボ属(蔓穂属、Scilla)は、ツルボ亜科の属の一つ。シラー属スキラ属とも呼び、シラースキラと総称する。園芸ではシラーと呼ぶことが多い。

特徴[編集]

約90種が旧世界の森林、亜高山帯の草原、海岸などに分布する。

開花期は主に4-5月頃であるが、秋咲きの種もある。秋に球根を植える。一度、球根を植えた後は球根を掘りあげる必要はなく、宿根草のように扱うことができる。丈夫な植物で育てやすい。花色は青が多いが、白、ピンク、紫なども見られる。

主な種[編集]

  • ツルボ (Scilla scilloides) - 野生種。野原に多く見られ、夏に開花する。栽培種よりも全体に小さく花は淡紫色、花序は穂状である。
  • オオツルボ (Scilla peruviana) - 園芸種。