ツルボラン亜科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ツルボラン科から転送)
移動: 案内検索
ツルボラン亜科
Asphodelus ramosus8.jpg
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperm
階級なし : 単子葉類 Monocots
: クサスギカズラ目 Asparagales
: ススキノキ科 Xanthorrhoeaceae
亜科 : ツルボラン亜科 Asphodeloideae
学名
Asphodeloideae Burnett

ツルボラン亜科 Asphodeloideaeススキノキ科に属する単子葉植物亜科の1つ。アロエなど800程度を含む。日本にはツルボラン Asphodelus ramosusハナツルボラン Asphodelus fistulosus が帰化または栽培で存在し、アロエ属の種が園芸栽培される。

APG植物分類体系ではツルボラン科 Asphodelaceae としてクサスギカズラ目の中に含めていた。第2版(APG II)ではススキノキ科に含めてもよいとし、第3版 (APG III) ではススキノキ科の亜科とされた。クロンキスト体系ではこの科は認められておらず、アロエ類はアロエ科に属する。

形態[編集]

形態は、かつてユリ科とされていた他の単子葉植物に準じる。アロエ類は多肉植物である。共有派生形質として、胚珠が半倒生であること、仮種皮が存在することが挙げられる。生理的には、アントラキノン誘導体を産生すること、ステロイドサポニンを産生しないことが特徴である[1]

分類[編集]

系統[編集]

次のような系統樹が得られている[3][2]




Asphodeline



ツルボラン属






Eremurus



Trachyandra






Bulbinella



シャグマユリ属






Bulbine



Jodrellia



アロエ類

Aloidendron





Kumara



ハオルチア属





Aloiampelos




アロエ属





Haworthiopsis



ガステリア属





アストロロバ属




Aristaloe




Gonialoe



Tulista














画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Klopper, Ronell R., Abraham E. Van Wyk, and Gideon F. Smith. (2010). "Phylogenetic relationships in the family Asphodelaceae (Asparagales)". Biodivers. & Ecol 3: 9–36. 
  2. ^ a b Manning, John, et al. (2014). "A Molecular Phylogeny and Generic Classification of Asphodelaceae subfamily Alooideae: A Final Resolution of the Prickly Issue of Polyphyly in the Alooids?". Systematic Botany 39 (1): 55–74. doi:10.1600/036364414X678044. 
  3. ^ Chase, Mark W., et al. (2000). "Phylogenetics of Asphodelaceae (Asparagales): an analysis of plastid rbcL and trnL-F DNA sequences". Annals of Botany 86 (5): 935–951. doi:10.1006/anbo.2000.1262. 

外部リンク[編集]