ツルコケモモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツルコケモモ
Vaccinium oxycoccos 0907.JPG
福島県会津地方 2009年7月
花柄に短毛がはえる。
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物 angiosperms
階級なし : キク類 asterids
階級なし : コア真正双子葉類
core eudicots
: ツツジ目 Ericales
: ツツジ科 Ericaceae
亜科 : スノキ亜科 Vaccinoideae
: スノキ属 Vaccinium
亜属 : ツルコケモモ亜属 Oxycoccos
: ツルコケモモ V. oxycoccos
学名
Vaccinium oxycoccos L.
シノニム

Oxycoccus palustris Pers.

和名
ツルコケモモ(蔓苔桃)
英名
Cranberry

ツルコケモモ(蔓苔桃、学名:Vaccinium oxycoccos)はツツジ科スノキ属ツルコケモモ亜属の常緑小低木

特徴[編集]

茎は細く、長さ20cmくらいになり、まばらに分枝する。は無柄で茎に互生し、形は卵状長楕円形または狭卵形で、葉身の長さ5-15mm、幅2-5mm。葉の先端は尖り、縁は全縁でやや裏面側にまくれ、裏面はやや粉白色になる。

花期は7月。前年の枝先にできた花芽から短毛が密にはえた1-4本の花柄をだして、その先端に下向の淡紅色のを1個ずつ咲かせる。花冠は4裂し、裂片は長さ7-9mmで、カタクリのように背面に反り返る。

果期は9-10月。果実漿果となり、径1cmほどの球形で赤色に熟し、クランベリーとして食用にされる。

分布と生育環境[編集]

日本では、北海道、本州の中部地方以北に分布し、寒地の高層湿原ミズゴケ類の中に自生する。世界では、北ヨーロッパ北アジア北アメリカ北部など、北半球の寒い地域に広く分布する。

ギャラリー[編集]

花冠は4裂し、背面に反り返る。 
果実 2010年9月 

関連項目[編集]

参考文献[編集]