ツリスガラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツリスガラ
Remiz pendulinus (Marek Szczepanek).jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: ツリスガラ科 Remizidae
: Remiz
: ツリスガラ R. pendulinus
学名
Remiz pendulinus
(Linnaeus, 1758)
和名
ツリスガラ
英名
European Penduline Tit

ツリスガラ(吊巣雀、学名Remiz pendulinus)は、スズメ目ツリスガラ科に分類される鳥類の一種。かつてはスインホーガラと呼ばれていた。

形態[編集]

全長約11cm。小型の鳥である。雄の頭部は灰色で顔は白く、嘴から目元を通過する黒い線(過眼線)が目立つ。背中は赤褐色である。雌は頭部や過眼線がやや褐色がかっている。

分布[編集]

ツリスガラの仲間はアフリカを主産地としているが、本種はヨーロッパ東部から中央アジア、中国北東部まで広く分布している。また、スペインイタリアトルコ等の地中海沿岸やイランにも生息している(地中海方面に生息する種は、本種と非常によく似たニシツリスガラという別種として分類されているが、本種の亜種とする説もある)。

日本では以前は大陸からの迷鳥で観察例もそれほど多くなかったが、1970年代から冬期に渡来する数が増え、現在では九州地方を中心とした西日本では普通の冬鳥となっている。

生態[編集]

群れを作って生活する。水辺に近い河口、川岸、海岸のヨシ原に生息し、ヨシの茎の鞘を嘴ではいで中にいる昆虫類を食べる(冬季の枯死したヨシの葉鞘と茎の間の間隙にはカイガラムシの仲間のビワコカタカイガラモドキが多数越冬していることが多い)。そのため、生息しているアシ原ではパチパチ音が聞こえることがある。

繁殖地では、湿地や林の中の樹木の枝に、主に草を使って袋状の吊り巣を作る。これが、和名の由来である。卵数は普通6-8個。雌のみが抱卵する。

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「ツリスガラ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類