ツリガネムシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツリガネムシ
Turiganemusikorony.jpg
ツリガネムシ (Vorticella sp.) の集団
分類
ドメイン : 真核生物 Eukaryota
: アルベオラータ Alveolata
: 繊毛虫門 Ciliophora
: 貧膜口綱 Oligohymenophorea
亜綱 : 周毛亜綱 Peritrichia
: ツリガネムシ目 Sessilida
: ツリガネムシ科 Vorticellidae
: ツリガネムシ属 Vorticella
: ツリガネムシ V. nebulifera
学名
Vorticella nebulifera O.F.Müller, 1786

ツリガネムシ(釣鐘虫、学名Vorticella nebulifera)は貧膜口綱周毛亜綱に属する繊毛虫の1種である。広義には、この種が属するツリガネムシ科、あるいはツリガネムシ目に属する生物全体を示す言葉である。

淡水に生息する単細胞生物である。主として用水路や水田など、止水に生息し、水中の水草や枯れ枝などに多数が群れをなして固着している。体は円錐形で、底面に当たる位置の周囲には繊毛列があり、これにより水流を作り、その端にある細胞口へ微粒子などを流しこんで摂取する。円錐の頂点に当たる部分からは長い柄が伸びて、基質上に固着する。何か刺激を受けると、細胞の繊毛部分は袋の口を縛るような形で縮み、同時に長い柄は螺旋状に収縮する。収縮は瞬間的に起こり、そっとしておけばゆっくりと体を延ばす。

近縁の種には枝分かれした柄に多数の細胞体が付いて、群体を作るものや、ミジンコの体に固着するものなど、様々なものがある。

外部リンク[編集]