ツメナガセキレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツメナガセキレイ
撮影地 北海道サロベツ原生花園
ツメナガセキレイ Motacilla flava
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Oscines
: セキレイ科 Motacillidae
: ハクセキレイ属 Motacilla
: ツメナガセキレイ M. flava
学名
Motacilla flava Linnaeus, 1758
和名
ツメナガセキレイ
英名
Yellow wagtail

ツメナガセキレイ(爪長鶺鴒、Motacilla flava)は、動物界脊索動物門鳥綱スズメ目セキレイ科ハクセキレイ属に分類される鳥。

分布[編集]

ハクセキレイ属では唯一北アメリカ大陸にも分布する。

アフリカ大陸ユーラシア大陸アイルランドインドネシアアメリカ合衆国アラスカ州)、日本フィリピン

夏季にユーラシア大陸中緯度地方以北、アラスカで繁殖し、冬季はアフリカ大陸、ユーラシア大陸南部、インドネシアなどへ渡り越冬する。日本では主に渡りの途中に飛来(旅鳥)するが、夏季に亜種ツメナガセキレイが北海道(サロベツ原野ベニヤ原生花園等)で繁殖し(夏鳥)、冬季に亜種キタツメナガセキレイが越冬のため主に沖縄県に飛来(冬鳥)する。渡りの時期には九州で比較的多く観察される。

形態[編集]

全長16.5cm。体重20-35g。尾羽はやや長い。

上嘴の色彩は黒く、下嘴の色彩は上嘴より淡いかピンク色を帯びる。後肢の色彩は黒い。

夏羽は胴体背面が緑褐色、腹面は黄色の羽毛で覆われる。種小名flavaは「黄色の」の意で、英名(yellow=黄色)と同義。冬羽は背面が緑みがかった暗褐色、腹面が淡黄色の羽毛で覆われる。幼鳥は背面が緑褐色、腹面が黄褐色の羽毛で覆われる。眼上部の眉状の斑紋(眉斑)や嘴基部から頸部にかけて入る斑紋(顎線)は黄褐色。

  • M. f. macronyx キタツメナガセキレイ

夏羽は頭頂から後頸が暗灰色。眼先や頬、喉が白く、眉斑が入らない個体が多い。

  • M. f. plexa シベリアツメナガセキレイ

夏羽は頭頂から後頸が青みがかった暗灰色の羽毛で覆われる。頬は暗灰色。眉斑が入らないか、あっても眼後部にのみ細く白い眉斑がある。

  • M. f. simillima マミジロツメナガセキレイ

夏羽は頭頂から後頸が青みがかった暗灰色の羽毛で覆われる。頬は青みがかった暗灰色。眉斑や喉が白い。

  • M. f. taivana ツメナガセキレイ

夏羽は頭頂から後頸が緑褐色の羽毛で覆われる。眉斑は黄色。

分類[編集]

18亜種に分かれるとされる。

  • Motacilla flava flava Linnaeus, 1758
  • Motacilla flava macronyx  キタツメナガセキレイ
  • Motacilla flava plexa  シベリアツメナガセキレイ(亜種マミジロツメナガセキレイのシノニムとする説もあり)
  • Motacilla flava simillima  マミジロツメナガセキレイ
  • Motacilla flava taivana  キマユツメナガセキレイ、ツメナガセキレイ - など

生態[編集]

草原湿地海岸、農耕地などに生息する。小規模な群れを形成し生活する。

食性は動物食で、主に昆虫類を食べる。主に地表を徘徊し、獲物を捕食する。

繁殖形態は卵生。地面の窪みに苔などで皿状の巣を作り、5-6月に4-6個の卵を産む。年に2回繁殖することが多い。主にメスが抱卵し、抱卵期間は12-14日。雛は孵化してから10-13日で巣立ち、巣立ちしてから数日で飛翔できるようになる。生後1年で性成熟する。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]