ツマンスキー M-88

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ツマンスキー M-88ロシア語Туманский М-88、ラテン文字表記の例:Tumansky M-88)は、第二次世界大戦直前の1930年代ソビエト連邦ツマンスキー設計局で開発された航空機用空冷星型14気筒レシプロエンジンである。

概要[編集]

M-88 は、信頼性に問題を抱えていた M-87 エンジンを改良したものである。変更点はクランクケース、クランクシャフトコンロッド、二速式スーパーチャージャーなど多岐に渡った。排気量は M-87 と変わらなかったが、出力は 1000~1150hp まで向上した。1937年に設計作業が始まり、1939年には試作機がポリカルポフ I-180 戦闘機に搭載されてテストを受けた。初期の M-88 は械的信頼性に難があったが、生産開始後も改良が続けられ、次第に信頼性の高いエンジンとなった。

M-88シリーズの総生産数は1万6087基に及んだ。様々なサブタイプが設計されたが、その中で最も多く生産されたのがM-88Bと呼ばれる型式で、1万585基がザポロジエオムスクで製造された。この型式ではクランクシャフト内にオイル噴射装置を追加し、冷却系や駆動コンポーネントを改良した結果、M-87や初期のM-88が抱えていた欠陥を改善することに成功した。

諸元[編集]

M-88B[編集]

  • タイプ:空冷星型複列14気筒
  • ボア×ストローク:146mm × 165mm
  • 排気量:38.72 L
  • 乾燥重量:684 kg
  • 圧縮比:6.1
  • 過給機:機械式遠心過給機1段2速
  • 出力:1100hp
  • 比出力:28.4 hp/L
  • 出力重量比:1.61 hp/kg

搭載機[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Kotelnikov, Vladimir (2005). Russian Piston Aero Engines. Crowood Press Ltd.. pp. p.153-155.