ツマベニチョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツマベニチョウ
Hebomoia glaucippe.JPG
ハイビスカスより吸蜜するツマベニチョウ
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
: シロチョウ科 Pieridae
: ツマベニチョウ属 Hebomoia
: ツマベニチョウ H. glaucippe
学名
Hebomoia glaucippe
Linnaeus, 1758
和名
ツマベニチョウ/褄紅蝶
英名
Great Orange Tip
亜種
  • H. g. aturia
  • H. g. kangeanus
  • H. g. liukiuensis(Fruhstorfer)
  • H. g. sangarica

ツマベニチョウ(褄紅蝶、Hebomoia glaucippe)は、チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ上科シロチョウ科に分類されるチョウの一種。シロチョウ科では世界最大級の種。開張約9-10cm。

概要[編集]

前翅先端の先端には三角形の黒い部分があり、その中に大きな橙色の紋をもつ。メスはオスよりも黒い部分が大きく、若干黒ずんでいる。シロチョウ類としては非常に飛翔力が強い。雄は明るい場所を好み、人家周辺や林縁を勇壮に飛び回るが、雌は食樹周辺の暗所にいる。よく花に来る。

食草はフウチョウソウ科ギョボク幼虫はいわゆる青虫であるが、胸部が幅広くなっている。成虫は4月から11月にかけて4~5回発生。

「幸せを呼ぶチョウ」とも言われる。沖縄県那覇市国際通り沖縄山形屋の前に大きなツマベニチョウの飾りがあって、長らくシンボル的に愛されていたが、閉店などもあって、現在では撤去されている。沖縄県が本土復帰する前は、日本の昆虫屋のあこがれのチョウの一つであり、佐多岬には多くの虫屋が集まって、手に手に捕虫網を振り回していたという。

オーストリアの研究チームは、ツマベニチョウの羽、幼虫の体液にイモガイと同じ猛毒の成分(神経毒)を発見した。カエルトカゲアリなど天敵からの防衛のため利用していると考えられている[1][2]

分布[編集]

日本では宮崎県が北限で、鹿児島県沖縄県に分布する。 国外では東洋区

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞デジタル2012年11月23日閲覧
  2. ^ “美しいチョウには毒がある 東南アジアの種、羽に神経毒” (日本語) (プレスリリース), 朝日新聞デジタル, (2012年10月18日), http://www.asahi.com/science/update/1016/TKY201210160646.html 2013年1月14日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 猪又敏男編・解説、松本克臣写真 『蝶』 山と溪谷社〈新装版山溪フィールドブックス〉、2006年、ISBN 4-635-06062-4
  • 牧林功解説 『日本の蝶』成美堂出版、1994年、ISBN 4-415-08045-6
  • 日本環境動物昆虫学会編『チョウの調べ方』文教出版、1998年、ISBN 4-938489-11-3