ツバメチドリ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツバメチドリ科
ヒメツバメチドリ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
亜目 : カモメ亜目 Lari
: ツバメチドリ科 Glareolidae

ツバメチドリ科(ツバメチドリか、学名 Glareolinae)は、鳥類チドリ目の科である。

ツバメチドリ類 (pratincoles) とスナバシリ類 (coursers) を含む。

特徴[編集]

旧大陸オーストラリア区に生息する。

(くちばし)の基部に鼻孔がある。

系統と分類[編集]

系統樹は Balker et al. (2007)[1]による。

カモメ上科
ツバメチドリ科

クビワスナバシリ属 Rhinoptilus




スナバシリ属 Cursorius


ツバメチドリ亜科

アシナガツバメチドリ Stiltia



ツバメチドリ属 Glareola







? カニチドリ科 Dromadidae



カモメ科 Laridae




トウゾクカモメ科 Stercorariidae



ウミスズメ科 Alcidae





ツバメチドリ科をツバメチドリ亜科 Glareolinae (pratincoles) とスナバシリ亜科 Cursoriinae (pratincoles) に分ける説もあったが、スナバシリ亜科は基底的な側系統である。これらを別科とする説もあった。

伝統的にツバメチドリ科(スナバシリ亜科)とされていたナイルチドリ Pluvianus は、系統的に離れており、単型のナイルチドリ科に分離された。

Sibley & Ahlquist (1990)カニチドリ Dromas もツバメチドリ科に含め、広義のツバメチドリ科をツバメチドリ亜科(狭義のツバメチドリ科とナイルチドリ)とカニチドリ亜科(カニチドリのみ)に分けた。カニチドリは現在は単型のカニチドリ科を作り、系統位置は正確には不明だが、そう遠くないと考えられている[2]

古くはチドリ科 Charadriidae と近縁だと考えられたこともあったが (Jehl 1968)、特に近縁ではない。

属と種[編集]

国際鳥類学会議 (IOC)[3]より。4属17種。

出典[編集]