ツバキ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツバキ科
Sazanka01.jpg
サザンカCamellia sasanqua
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
: ツツジ目 Ericales
: ツバキ科 Theaceae
学名
Theaceae
Ker Gawler

ツバキ科(Theaceae)は、ツツジ目に属する植物のツバキサザンカチャ(茶の木)、ナツツバキなどを含む。

木本で、葉は互生する。花は放射相称で子房上位。がくと花弁の数は5または4のものが多いが、さらに多いものもあり、特にツバキなどはがくから花弁に連続的に移行する。花弁は離生するものと、基部が合生するものがある。おしべは多数。果実はさく果か核果。大部分が東・東南アジアに、一部は南北アメリカ大陸などに分布する。

科名の由来[編集]

科名はかつてこの科にあったチャ属(Thea)に由来する。チャ属は1970年代にツバキ属に統合された。廃止になった属名がラテン語の科名に使われているのは、ツバキ科だけである。

分類[編集]

3連に9属460種が属する[1]

従来は花の形態の類似を重視してオトギリソウ科などのグループ(古くは離弁花類、クロンキスト体系ではツバキ目)とされ、モッコク科スラデニア科も本科に含められていた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]